毎週水曜日 19時 東京上野 マリオテニス エース対戦交流会 Aim For The Ace MeetUp

遊びに来てね!

詳細はこちら

キノピコ

キャラクター
最速のボレーと優秀なコントロールが武器!
キャラタイプ
テクニック
プレースタイル
ボレーヤー
得意のダブルスポジション
前衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 A
ダッシュ力 S
切り返しやすさ A
チャージ中の移動タイプ 普通
パワー C-
ストローク C
ボレー S+
トップスピン C-
スライス S+
フラット B
アングル S
プレース S+
トップスピン A-
スライス A
トップスピンのはね具合 普通
体の大きさ
横リーチ C-
上リーチ C-
とびつき硬直 48F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約147km/m
スライス 約138km/m
フラット 約165km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 ぐるりターン
範囲 普通
横テクニカルショット
技名 るんるんスキップ
範囲 広い

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 ホップステップジャンプ
回転型

特徴・特殊能力

ボレーが全一

キノピコのボレーは、全キャラ中最も優れています。

衣装

なし

修正まとめ

Ver.1.2.0

  • とびつかずに打ち返せる距離を、わずかに伸ばしました。
  • とびついたあとの硬直時間を短くしました。
  • 打ち返せるボールの高さを増やしました。
  • ボレーの球速を、わずかに速くしました。

Ver.2.0.1

  • とびついたあとの硬直時間を、少し延ばしました。

Ver.2.1.0

  • とびついたあとの硬直時間を、わずかに延ばしました。
  • ボレーの威力を、わずかにダウンしました。
  • 移動の最高速度を、少し遅くしました。

Ver.2.2.0

  • 移動の走り出しを、少し遅くしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
長所
・スライスが速く、スピンがかかっていて良く曲がる。
・足が速い、走り出しが速い、切り返しが速いと走力が優秀。
・コントロール力が高い。
・スライスが速くコントロールが付きやすいことから、横テクニカルが強い。
短所
・リーチが短い。
・パワーが弱いので、ストロークが弱い。
・背が低い。
・パワーがないため、ふきとびやすい。
執筆者:ぉんg(@game_longman)
ダブルス
長所
・スライスボレーが全キャラ最速。
・コントロールが良いため、オープンスペースを狙いやすい。
・コントロールが良いため、スマッシュのコースが鋭い。
・スピードが速いため、ロブやドロップを回収しやすい。
・スピードが速いため、スペシャルショットを少ないエナジーで処理できる。
・スライスがそこそこ曲がるため外に逃げるショットが打てる。
短所
・リーチが短いので、ネットに詰めた時に高いボールや少しでも離れたボールに飛びつきやすい。
・パワーが弱いため、吹き飛ばされやすい。
・パワーが弱いため、相手を吹き飛ばしにくい。
・トップスピンが遅いため、マックスチャージに成功した時のリターンが他のキャラよりも弱い。

 

基本的には前衛が得意なキャラクター

そのため、チャンスを見てネットに詰めるのがキノピコの役割となる。

 

しかし、リーチが短いのでネットに詰めるとボールが取りにくくなる。

 

同じ前衛キャラクターとして活躍するピーチやルイージと比べると攻めるタイミングが難しいが、最速かつ最高のコントロールから繰り出されるボレーにより前衛の攻撃力はトップレベル。

その攻撃力から、無理やりボレーをねじ込んで相手の陣形を崩すことも可能だ。

執筆者:bozitoma
シングルス
長所
・全キャラ中最速のスライスボレー
・コントロールに優れている
・走り出しが早い
・飛び付き硬直が短い
短所
・パワーが弱く、ストロークが非常に弱い
・リーチが短い
執筆者:ユウ
ダブルス
長所
・スライスボレーが全キャラ最速。
・コントロールが良いため、オープンスペースを狙いやすい。
・コントロールが良いため、スマッシュのコースが鋭い。
・スピードが速いため、ロブやドロップを回収しやすい。
・スライスがそこそこ曲がるため外に逃げるショットが打てる。
・とびつき硬直が全キャラ最短で、とびついてもリカバリーしやすい。
短所
・リーチが短いため、ポーチが難しい。
・パワーが弱いため、スマッシュで吹き飛ばされやすく、スマッシュで相手を吹き飛ばして得点することが狙えない。

 

キノピコはボレーが速いため、基本的には中衛~前衛辺りにポジションすると威力を発揮する。

リーチが短いのでピーチやルイージと比べると攻めるタイミングや判断が難しいが、一度ネット付近でのボレーに成功できれば、その速さと強烈なコントロールで大体の場合は得点できる。

 

総じて、キノピコは攻撃力は最強だが、扱いこなすにはプレイヤースキルが必要なシビアなキャラクターだと言える。

執筆者:bozitoma

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

基本的にはスライスを駆使してラリーをしていく。

 

  1. 序盤はゲージが無いので、確実に取れる位置でゲージを貯める。
  2. ゲージが溜まってきたら、前に詰める。
  3. 詰めたらフラットボレーやスライスなどで相手を揺さぶる。

単純な戦法だが、ボレーの速さやコントロールの高さから非常に強力な戦法となる。

 

また、読み外れた時などに横テクニカルのスライスを使うことで立て直しができるかつ、速いので相手の飛びつきを狙える。

執筆者:ぉんg(@game_longman)
ダブルス

キノピコの前衛の攻撃力は全キャラ屈指。

 

ネット前にキノピコが張ってるだけで相手の行動を抑制できるので、とにかくキノピコをネット前に置けるようにエナジー管理をしていくのが基本になる。

加速ボレー

ボレーが速く、スピードも速いため加速ボレーの相性がとてもいい。

 

張っていたコースと逆を突かれても、加速を使って無理やりボレーねじ込めば相手を崩せる場面があります。その場面が理解できるようになると、グッと得点力があがる。

後衛をアシスト

キノピコが前衛に張っていると、ロブを打たれてボレーを封じられやすい。

それをやられ続けると後衛の負担が大きくなり、後衛が一度でも飛びついてしまうと形成が逆転しやすい。

そのため、どこかでロブを打たれるタイミングを読んでロブを回収することが必要になってくる。

 

幸いキノピコは、パワーはないもののコントロールがいいためスマッシュは強力。

また、足が速いため他のボレーヤーと比較してもロブを回収しやすい。

 

前衛に詰めて、ロブを上げられたらスマッシュ打つ流れが単純ながら強力である。

赤ゲージ

序盤などエナジーが少ない時は、中衛あたりを保って緑ゲージまでエナジーを溜めると安定する。

もし相手が飛びついたりしてボレーのチャンスがあれば仕掛けに行って良い。

黄色ゲージ

相手の方がエナジーが有利であれば五分になるまで引き続きエナジーを溜める。

この時点で相手が赤ゲージであれば、ネットに詰めて加速ボレーなどを駆使して仕掛けにいっていい。

緑ゲージ

緑まで溜まったらネットに詰めて、前衛・後衛の陣形を作り、相手ペアに圧をかけて行く。キノピコの目の前にボールが来たらガンガン攻め込む。基本的にはスライスボレー、サイドにオープンスペースがあればフラットボレーを打ち込む。相手が後ろで構えてたり、こちらのボレーのリズムを変えたい時にドロップを混ぜると効果的。

執筆者:bozitoma
シングルス

基本的に最速のスライスボレーを活かし、前寄りで攻める。

ロブや弱フラットに注意しつつボレーを打っていれば相手が先に崩れるだろう。だが、足が速いとは言えリーチが短いため、崩されやすい。相手の球をしっかり見て打ち返す事が重要となる。

執筆者:裕(@yuu14571
ダブルス

キノピコはボレーが速いため、基本的には中衛~前衛辺りにポジションすると威力を発揮する。

前衛での立ち回り

キノピコの目の前にボールが来たら、問答無用でボレーを叩き込もう。

全キャラトップクラスの攻撃力で無理やり相手の陣形を崩すことができる。

リーチが短いので、完全にネットに詰めるとボールに届きにくいため飛びつきやすい。

そのため、基本的にはネットより少しだけ離れて位置すると安定する。

 

しかし幸い、とびつき硬直は全キャラ中最短なので、仮にとびついても焦らず下がって体制を立て直せれば問題ない。

シンプルでは、とびついた後の硬直を加速やテクニカルショットでカバーできないため、とびつき硬直が短いのは大きなメリットである。

ポーチとスマッシュ

相手としてはネット前のキノピコにボールを渡してはいけないので、後衛側にショットを打ってくる。

それを読んで、ポーチを仕掛けられれば相手の陣形を崩せる可能性が高い。

 

相手はそれを嫌って、後衛のいないキノピコ側にロブを打ってくるが、ロブに対してはキノピコは足が速いので自分で取りに行くことができる。

また、コントロールもいいためスマッシュで相手の陣形を崩すことが期待できる。

 

このように、ネット前をうろつくだけで相手にロブか通常のショットかの2択を押し付けることができる。ただし、リーチは短いので決めるのは見た目以上に難しい。

 

プレイヤーの反応速度や鋭い読みが大きく影響する。

ネット前に詰めるタイミング

ポーチやスマッシュ等で相手が崩れたら、すぐさま前に詰めてボレーを叩きにこう。ネット前でしっかりオープンスペースにボレーを叩き込めれば、そのボレー速さとアングルで大体得点に繋がる。

ロブは慎重

にキノピコはパワーがなく、リーチが短いため、上からスマッシュを打ち込まれると厳しい状況になりやすい。ロブを打つ際は、他のキャラクターよりも慎重になるとよい。

執筆者:bozitoma

対策

スタンダードシンプル
シングルス

背が低いので、狙い撃ちやスペシャルショットでコートの奥側を狙えば、ネット際にいるキノピコの頭上を通り超える事ができる。キノピコがネット際にいる時にスペシャルショット等を打つ場合は、頭上を越すように意識して打とう。

 

同じ背が低いという理由から、ロブも効果的定期的に打つことによって、キノピコの前に詰める行動を抑制させることができる。ただし、スマッシュのアングルは鋭いので、加速等を使ってでもしっかりスマッシュのケアはすること。

 

キノピコはパワーがないため、スーパーマックスチャージで威力の高いを打って吹き飛ばすのも非常に有効。リーチが短いので飛びつかせやすく、キノピコ側のいなす難易度は高め。

 

キノピコが前に詰めることをロブやスペシャルショットで抑制しつつ、チャンスボールが来たらしっかりチャージして得点を狙おう。

執筆者:ぉんg(@game_longman)
ダブルス

ネット前のキノピコ

ネット前にいるキノピコに対しては正面にボールを打ってはいけない。

しっかりロブを打ってキノピコに打たせないようにする。

 

ただし、クッパやゲッソー等のトップスピンのはね具合が高いキャラクターであれば、キノピコのリーチでは取れない場合が多いので、十分にチャージできた時は強気にトップスピンを打ってもいい。

キノピコのマックスチャージはスライスを選択してくる

キノピコがマックスチャージに成功した時は、スライスかフラットを選択する場合が多い。

キノピコのトップスピンは弱いため、見てから反応しやすい上に、パワーがないため仮にいなしに失敗してもダブルスでは致命的なミスにはならないからだ。

そのため、キノピコがマックスチャージをした時はトップスピンかロブを打つ準備をして迎え撃とう。もちろん、フラットを打ってきたらフラットでいなす。

マックスチャージスマッシュはキノピコを狙え

キノピコはパワーがないため、マックスチャージスマッシュをいなしてもある程度ノックバックしてしまう。もし、いなしに失敗したらコートの一番後ろまでノックバックさせられるので、チャンスボール等でマックスチャージスマッシュを狙える場面が来たらキノピコを狙おう。

執筆者:bozitoma
シングルス

相手のペースでボレーを打たせてしまっては勝ち目が無いだろう。

ストローカーなら弱フラット、ボレーヤーならボレーの打ち合いを制す事になる。

足が速く、ロブも返されやすいためネット近くまで来たタイミング以外では打たないようにする。飛び付き硬直が短いため、崩しても油断は禁物。スマッシュをスライスボレーでカウンターされる恐れがある。

執筆者:裕(@yuu14571
ダブルス

前衛のキノピコにはボールを触らせない

キノピコがネットに詰めてきたら、とにかくロブで拒否する。

真っ向から立ち向かうと大体負ける。シンプルルールであれば、ロブだけでも後衛を崩せる場合があるため、とにかくロブで前衛キノピコを拒否するのが大事。

前衛でとびつかせる

ロブで後衛を崩せない場合は、アングルショットやドロップ等を使い、前衛のキノピコのとびつきを狙うのも有効。

キノピコはとびつき硬直が短いが、さすがにネット付近でとびつくと体制を立て直しきれないので、前衛でとびつかせてそのままキノピコ側にショットを打つのがベターな崩し方。

 

しかし、飛び付かなかった時のリスクが高いので、やはりそこは読み合いになる。

高いトップスピンを使う

キノピコは背が低いので、クッパやゲッソー等のトップスピンのはね具合が高いキャラクターであれば、十分にチャージしたトップスピンを使って前衛のキノピコに対してとびつきを誘発させやすい。

スマッシュはキノピコを狙え

キノピコはパワーがないため、十分にスマッシュがチャージ出来たらキノピコを狙うといい。キノピコはリーチが短いためサイドと真ん中を同時に張ることか難しいため、真ん中にスマッシュを狙うのも有効。

執筆者:bozitoma
タイトルとURLをコピーしました