チコ

キャラクター
浮遊によるチャージからライジングショットを狙え!
キャラタイプ
テクニック
プレースタイル
ストローカー
得意のダブルスポジション
後衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 B
ダッシュ力 B
切り返しやすさ B-
チャージ中の移動タイプ 浮遊

※()はライジングショット成功時の評価

パワー C(S+)
ストローク A(S+)
ボレー B-
トップスピン B(S+)
スライス B(S+)
フラット A(S+)

※()はライジングショット成功時の評価

アングル S(S+)
プレース S(S+)
トップスピン B
スライス B
トップスピンのはね具合 高い
体の大きさ
横リーチ B
上リーチ B-
とびつき硬直 55F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約152km/m
スライス 約141km/m
フラット 約175km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 キラキラメテオ
範囲 広い
横テクニカルショット
技名 ながれぼし
範囲 広い

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 スターリングシュート
回転型

特徴・特殊能力

浮遊

浮遊しているため、チャージ移動速度が通常のキャラクターより速い。

強化ライジングショット

チコのライジングショット(ボールがバウンドした直後のショット)は、通常よりも威力の高いショットになる。

チコのみ、ライジングショットに成功すると「シャリン」と効果音が鳴る。

衣装

なし

修正まとめ

Ver.2.3.0

  • 移動時に少しすべりやすくしました。
  • 移動の最高速度を、わずかに遅くしました。

Ver.3.1.0

  • 移動の切り返しを、遅くしました。
  • トップスピンの威力を、わずかにダウンしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
長所
・強化ライジングショットがとにかく優秀(球威・球速共に優れている)
・コントロール性能がトップクラス
・浮遊タイプでチャージ移動速度が速いため、チャージショットを打ちやすい
・強化ライジングショットのトップスピンはパワータイプ並に速い
・強化ライジングショットにより、サーブレシーブから強力な選択肢を押し付けられる
短所
・パワーが弱く、マックスチャージショットに弱い
・強化ライジングショットでないと速いストロークが打てない
・身長が低く、スペシャルショットやねらいうちに対して頭上を抜かれやすい
・スピ―ドが遅い
・リーチがやや短い

 

“浮遊×テクニックタイプ×強化ライジングショット”と凶悪な性能を持っているキャラ。

 

この特徴のおかげで、

  • 浮遊のためチャージショットを決めやすい
  • コントロールの性能がトップクラス
  • 強化ライジングショットが成功すればパワータイプ並に速いショットが打てる

と、攻撃的なショットに必要な性質を全て持ち合わせている。

 

しかし裏を返せば、

  • 強化ライジングショットを常に狙わなければいけない
  • スピードとリーチに難があり、反応が遅れるとカバーしにくい

等、シビアなキャラクターでもある。

 

ユニークなキャラクターで操作にクセがあり、使いこなすには時間がかかるが、使いこなせれば高い攻撃性能を武器にした頼もしいキャラクターになるだろう。

執筆者:チコ窓のみなさん(しゅか,しろま,りぶら,Lu:Na,おもち)
ダブルス
長所
・コントロールが非常に優秀
・浮遊タイプのためチャージショットが決めやすい
・テクニカルショットの範囲が広い
・ライジングショットによる強打が速くて強力
短所
・ボレーが若干遅い

 

スタンダード・ダブルスにおいては弱点と言える弱点がほとんどない上に、コントロールと(ライジングショットであれば)ショットの速度がトップクラス。

 

ダブルスではもはや最強と言える後衛キャラクター。

執筆者:ごんぞう
シングルス

制作中

ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

チコは特殊能力として、強力なライジングショットが打てる。

 

この強化ライジングショットこそがチコの最大の特徴であるため、しっかりとライジングショットの仕様を把握して、
ライジングショットを軸にラリーが出来るようになろう。

強化ライジングショットについて

チコは、バウンドした直後にボールを打つ”ライジングショット”を打つと、他のキャラクターよりも球威が高く、
速いショットが打てる。

 

ちなみに、強化ライジングショットに成功すると「シャリン」と効果音が鳴る。かわいい。

強化ライジングショット時に気を付けること

ボールがバウンドする直前、またはその瞬間にショットを打つと、緩いショットになってしまう。

特にトップスピンでライジングショットに失敗してしまうと、とても緩いショットになり、
相手にマックスチャージで返される危険性が高くなる。

 

スライスで打てば緩いショットになりにくいので、ライジングショットが成功するか確信が持てない時は、
スライスを狙うと良い。

赤ゲージ

チコのスピードとリーチの性能は物足りないため、加速やテクニカルショットが使えない時は無理して攻めない方が良い。

チャージショットやラリーボーナスを積極的に狙い、まずはエナジーの回復を目指そう。

 

この際、強化ライジングショットで打てた方がもちろん良いが、赤ゲージの時はエナジー回復を優先したいため、
無理して狙わなくても良い。

黄色ゲージ~

黄色ゲージまで回復すれば、加速やテクニカルショットが使いやすくなる。

そのため黄色ゲージからは、エナジーでチコのスピードやリーチの弱さをカバーしつつ、
チコ自慢のコントロールと強化ライジングショットを武器に攻めに回ろう。

 

コントロールのあるストローカーのため、サービスラインより後ろにポジショニングして、
ストロークのショットで左右に振るだけで相手としては相当やりにくくなる。

 

ストローク中は、極力強化ライジングショットを狙っていこう。

ショットが強力になり、さらに相手を追い詰めることができる。

狙いの強化ライジングショット

一口にライジングショットと言っても、様々な球種、コース、パターンがある。

 

ここでは、頻繁にライジングショットを使用するであろう場面をまとめた。

トップスピン

チコはトップスピンが得意なキャラクターなので、強化ライジングショットのトップスピンはかなりの速さを誇る。

 

そのため、基本的には強化ライジングショットのトップスピンを主軸にラリーをしていこう。

アングルショット(弱トップスピン)

ただでさえ鋭いアングルショットが打てるのに、強化ライジングショットになるとそこに速さも加わる。

とても強い。

 

強化ライジングショットによる強トップスピンのストレートと、弱トップスピンのアングルショットは
極めて強力な2択
なので、積極的に狙っていこう。

スマッシュ

ここで言うスマッシュは、チャンスボールに対する上からのスマッシュではなく、☆マークから打てる
横からのスマッシュを指す。

 

基本的にはトップスピンで事足りるが、チャージできなかった場合はスマッシュの方が速いショットを打ちやすい。

強化ライジングショットでスマッシュを打てれば、コース・威力・速さ共に優秀なスマッシュが打てるため、
困ったらスマッシュに頼ろう。

マックスチャージショット

強化ライジングショットのマックスチャージショットに成功すれば、パワータイプ並みの球威と
速さを持ったショットを繰り出す
ことができる。

基本はトップスピンで打つのが良いが、いなされるとせっかくの利点が活かしきれなくなるため、
トップスピン以外のショットも狙っていこう。

 

相手の弱スライス・ロブ・とびついたショット・緩いトップスピンなどが返ってきた時は特に狙いやすい。

狙える場面は限定的で難易度は高いが、チャンスが来た時はしっかり狙ってみよう。

サーブレシーブ時

サーブを強化ライジングショットで返せれば、いきなり相手に強トップスピンのストレートか、
弱トップスピンのクロスの2択を押し付けることができる。

相手のキャラクターのスピードが遅ければ特に効果的で、加速やテクニカルショットを強要させやすい。

 

そのためサーブレシーブ時はサービスラインギリギリまで詰めて、強化ライジングショットによるレシーブを狙っていこう。

 

ただし、チャージをする余裕はないためエナジーの回復は見込めない。

エナジーで大きく不利を背負っている時は、チャージショットによるエナジー回復を優先しよう。

テクニカルショット

テクニカルショットでも強化ライジングショットは可能である。

 

特に、横テクニカルショットの強化ライジングショットは狙う機会は多い。

成功すれば、素早いスライスで返すことができるのでカウンターにも繋がる。

 

テクニカルショットで強化ライジングショットを狙うのは慣れないと難しいので、余裕がある時に狙ってみよう。

ブロック

ブロックの際も、強化ライジングショットを狙うことができる。

 

特に、強打ブロックで強化ライジングショットに成功すれば素早いショットでカウンターができるため強力。

 

エナジーに余裕がある時は、加速を使ってしっかりと強化ライジングショットでブロックを狙っていこう。

置きチャージ

チコはチャージ中の移動速度が速いため、置きチャージがやりやすい。

 

強化ライジングショットからのチャージショットを狙うためにも、置きチャージは随所で混ぜていきたい。

 

ただし、置きチャージにはドロップが刺さりやすいので、置きチャージの際はドロップを常に警戒しよう。

不意のボレー

チコのボレーの性能は悪くないので、不意にネット前に出てボレーを狙うのも良い。

 

特にスライスボレーやドロップボレーが強力。

鋭いクロスドロップも打てるため、クレイコートでは強力な決め手のひとつになる。

 

ただし、あくまでも不意のボレーなので、ボレーをメインにして戦うと効率が悪い。

対応されたらしっかりと後ろに下がってストロークに戻ろう。

切り返しが遅い

チコは切り返しが遅いため、逆を突かれると追いつきにくい。

そのため、ドロップ・ロブ・アングルショット等で逆を突かれた時は、冷静に加速やテクニカルショットでカバーしよう。

 

半月走法を使うと、スピードの遅さを多少カバーできるので、余裕があれば使ってみよう。

※加速とセットでも半月走法は併用できる。

執筆者:チコ窓のみなさん(しゅか,しろま,りぶら,Lu:Na,おもち)
ダブルス

ポジション:後衛

チコは、以下の理由から後衛の方が威力を発揮する。

  • テクニカル範囲が広いため前衛を抜けたボールをカバーしやすい
  • 浮遊タイプのためチャージしやすい
  • ボレーよりかはストロークかつライジングショットの方が強力

基本的なラリー

基本的に、ダブルスでは戦術が鍵になる。

いくらチコの性能が高くても、うまく立ち回らなければ強さを引き出せない。

 

チコ単体で意識するならば、チャージショットとライジングショットを狙いつつ、

  • クロス側へのスマッシュ
  • 弱トップスピンのアングルショット
  • マックスチャージショットからのトップスピンやクロス側へのドロップ

を狙っていきたい。

どのショットも、ライジングショットにより非常に速い上に、コントロールが良いためコースが鋭い。

チャージショットとライジングショットを安定させるだけでも、相手ペアへ相当なプレッシャーをかけられる。

※クロスへのショットは相方の前衛にボディショットになる危険が高いため、要注意。
可能であれば、話し合いながらやるのがオススメ。

横テクニカルショット

ロブなどで逆サイドを突かれても、範囲の広い横テクニカルショットで落ち着いて返していこう。

 

横テクニカルショットでもライジングショットが可能なので、余裕があれば狙っていきたい。

成功すれば、ショットが速くなるため相手にチャージする時間を与えにくくなる。

執筆者:ごんぞう
シングルス

制作中

ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

左右に揺さぶる

チコのスピードとリーチの性能は高くないため、ボールを拾うのは得意なキャラクターではない。

そのため、単に左右に揺さぶれば案外崩れやすい。

 

特に、エナジーがないチコはかなり脆いため、大量得点のチャンス。

 

しっかりとオープンスペースを狙い、加速やテクニカルショットを使わせて、エナジーを回復させないように心掛けよう。

マックスチャージショットを狙う

強化ライジングショットは速いが、チコ自体はそこまでパワーのあるキャラクターではない。

 

そのため、特にパワータイプ等のパワーのあるキャラクターであれば、しっかりとチャージショット(特にフラット)を
打てば速いショットで返されにくくなる。

マックスチャージショットを打てれば、チコにいなされたとしてもある程度吹き飛ばすことができる。

 

チコを左右に揺さぶってとびつかせたら、マックスチャージ(またはスーパーマックスチャージ)をガンガン狙っていこう。

逆を突く

切り返しが弱いため、逆を突くことができれば加速やテクニカルショットを強要できる。

 

相手のクセがわかったら、敢えての正面・アングルショット・ドロップ・ロブ等で相手が動いた方向とは
逆の方向にショットを狙ってみよう。

強化ライジングショットにはボレーでカウンター

チコの強化ライジングショットは速いが故に、カウンターができればチコ側は対応し辛くなる。

 

特に、ルイージやピーチ等のボレーが得意なキャラクターは、チコの強化ライジングショットに対して
ボレーを決められれば強力なカウンター
となる。

 

ボレーヤーであれば、カウンターでボレーを叩き込んでチコの強みを活かさせないようにしよう。

弱フラット等でバウンドのタイミングをずらす

強化ライジングショットの猶予はかなり短いため、ボールがバウンドする位置を予測していなければ
チコとしては強化ライジングショットは狙いにくい。

 

そのため、1種類のショットだけでラリーをしているとチコにバウンドの位置を予測されて、
強化ライジングショットを簡単に決められてしまう。

 

そこでスライスとフラットを混ぜたり、弱打のショットを混ぜてバウンドのタイミングをずらすと、
チコに強化ライジングショットをさせ辛くなる。

弱打は、弱スライスだと遅すぎるので、弱トップスピンや弱フラットがオススメ。

 

チコのスピードは速くないため、瞬時に位置を調整することは難しい。

 

バウンドのタイミングをずらして、チコの強みである強化ライジングショットを抑制しよう。

強化ライジングショットのミスにはしっかりお仕置き

バウンドの直前や瞬間にショットを打つと、とても緩いボールになる。

 

相手のチコがこのようなミスをした時には、しっかりとマックスチャージショットを決めて有利を取ろう。

上述のように、マックスチャージショットが決まれば大きく有利になれるため、逃さずに叩き込もう。

スペシャルショットで押し切る

チコのスピードの遅さを利用して、スペシャルショットでゴリ押すのも有効。

スペシャルショットで吹き飛ばしてしまえば、次のショットをリターンしにくくなる。

 

ただし、強化ライジングショットによる強打ブロックのカウンターは強力なので、
コートの奥の方を狙って強化ライジングショットを防ぐか、スペシャルショットを打った後に
加速を仕込んでおいて、カウンターされないように警戒しよう。

コートの奥に狙えば、チコの身長の低さから空振りさせやすいため、基本はコートの奥に狙うのが安定するだろう。

執筆者:チコ窓のみなさん(しゅか,しろま,りぶら,Lu:Na,おもち)
ダブルス

弱点がほとんどないため、これと言った対策は難しい。

相手の前衛がネット前にいなければ、チコにボールを触らせないようにチコの相方を狙おう。

NG行為:チコへのドロップ

対策はないが、チコに対してやってはいけないことがある。

チコの前にドロップを落としてしまうと、ほとんどの場合不利になってしまう。

浮遊のためチャージショットで返されやすい上に、ライジングショットからのアングルショットや強打と、強烈な選択肢を押し付けられてしまうからである。

 

相手にチコがいる時は、間違ってもチコの前にドロップを落とさないように注意しよう。

執筆者:ごんぞう
シングルス

制作中

ダブルス

制作中

キャラクター
スポンサーリンク
Aim For The Ace
タイトルとURLをコピーしました