ルイージ

キャラクター
ボレーが得意なオールラウンダー!
キャラタイプ
オールラウンド
プレースタイル
ボレーヤー
得意のダブルスポジション
前衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度A
ダッシュ力B
切り返しやすさB
チャージ中の移動タイプ普通
パワーB
ストロークB
ボレーS
トップスピンB
スライスA
フラットB
アングルB
プレースB
トップスピンB
スライスB
トップスピンのはね具合普通
体の大きさ
横リーチA
上リーチA
とびつき硬直52F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン約164km/m
スライス約151km/m
フラット約187km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名スティックまわし
範囲普通
横テクニカルショット
技名スライディング
範囲広い

スペシャルショット

スペシャルショット
技名どかんどっかんキャノン
回転型

特徴・特殊能力

なし

衣装

1.オーバーオール

入手方法:2019年1月のオンライントーナメントで2000ポイントを獲得する

修正まとめ

Ver.2.0.0

  • 移動の切り返しを遅くしました。

Ver.2.2.0

  • 移動の走り出しを、少し速くしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
ボレーは全キャラ中トップクラス
・リーチが比較的長い
・オールラウンドで初心者にもおすすめ
・癖がなく扱いやすい
ストロークも弱い訳ではないので後衛でも戦える
・回転系スペシャルの耐性が高い(後ろに吹き飛びにくい)
・スペシャルショットが回転系の為、安定はしていないが、大きく後ろに下げさせれば大きい
・最高速度はそこそこ
・横テクニカルの範囲が広い
・得意コート グラス ナイトコートなど球足が早いコート
・移動の出だしが遅い
・移動の切り返しが遅い
・飛びつきの硬直が長い
ボレー合戦で飛びつくと失点しやすい
・スペシャルショットが回転系の為、運が悪いと効果を発揮できない
ストロークではパワー負けしやすい
・コントロールが少し微妙
・前後のテクニカルブロックが少し難しい
・デイジー、ワンワンなどフラットが早いキャラに弱い
・苦手コート クレイなどの球足が遅いコート
執筆者:xeno(@xeno6680
ダブルス
ボレーが優秀で前衛に向いている
リーチが若干長めで前衛でもボールを拾いやすい
癖がなく使いやすい
ストロークは弱くはないので後衛の場面でもある程度戦える
足が若干遅め
とびつき硬直が長め
飛びつける範囲が長めのため、前衛の時はとびつきやすい
執筆者:ALice(@398alice)
シングルス

制作中

ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

・まず初めに

ルイージはオールラウンドタイプのキャラクター。
移動速度、パワー、全ての性能において標準的な性格を持っている。
オールラウンドタイプの中でもルイージはボレーを得意とする。
お得意のネットプレーで相手を飛びつかせよう。
初心者におすすめできるキャラの1人。

 

・ルイージの基本的な戦い方

アンダーラインマーカーの説明

赤色アンダーラインマーカーは実行すると有利になる

青色アンダーラインマーカーは注意すべきこと

黄色アンダーラインマーカーは覚えておくと得すること

 

ルイージはマリオとは逆にネット近くでのネットプレーを得意とするボレーヤー。
サービスライン上でボレーをするのが得意。
オールラウンドの中ではボレーのスピードがもっとも早い。
力を溜めなくても早いショットを打てる。
逆にストロークはマリオと逆で能力値は控え目になっている。
ルイージのショットはスライスが高性能。
基本はスライス(B)かフラット(Y)でラリーを続けよう。
トップスピン(A)は相手の球が緩い時に打とう。
ルイージはボレーヤーのため、相手とのボレー合戦になりやすい。
ボレー合戦を避けたいのなら高く打ち上げるロブ(↑+X or A→B)で相手を後ろに下げ、
後ろに下がったところを狙ってドロップショット(↓+X or B→A)で相手を飛びつかせよう。
なお、ドロップショットは力を溜めて打たないとチャンスボールになってしまうので注意。
また、テニスの基本である「打ったら戻る、真ん中」も大事。
ボレーヤーのルイージだが、ストロークも弱いわけではないのでストロークで戦うことも可能。
しかし、マリオと比べるとやはり点数にはなりにくい。
パワーは高くも低くもないのでチャンスボールが来た時にしっかりと相手を吹き飛ばせるかどうかは相手のキャラクター次第である。体が小さいキャラは吹き飛ばしやすいのでマックスチャージショットも効果的になる。
ルイージはストロークもこなせるが、ボレーヤーということでネットプレーを得意としている。
ボレーではボタン2回押しの強打で早いボレーを打てる。
強打は球速が速くなるが、コントロールは悪くなる。
球速はスライス>トップスピン最大溜め>フラット>トップスピン。
トップスピンの最大溜めを無理に狙う必要はないので基本はスライスかフラットの2択。
スライスボレーは球速が早いが、角度はつきにくい。
フラットボレーは球速が遅いものの、角度がよくつく。
また、フラットボレーは高い球に対して使うと球速が上がる。
リーチはマリオより少し長い。しかし、ルイージは飛びつきの硬直が長い。
1回でも飛びつくと一気に状況が悪化し、ペースを持っていかれてしまう。
エナジーゲージが少ない時は相手の行動をよく見て行動。
危ないと思ったら加速でカバーしよう。
エナジーゲージを使った戦い方は後の方に書かれている記事を参考にしてください。

細かな戦い方

ここではいくつかのパターンに分けて詳しく解説していきます。

アンダーラインマーカーの説明

赤色アンダーラインマーカーは実行すると有利になる

青色アンダーラインマーカーは注意すべきこと

黄色アンダーラインマーカーは覚えて得すること

序盤の戦い方

[先にサーブを取った場合] 全キャラ共通でナイスサーブは必ず出そう。

サーブを打ったら前に出てスライスボレーで仕掛ける。
しかしここで気を付けるべきことは、うかつに前に出ないこと。
ルイージは切り返しの遅さが目立つ。そのため、前に出ようとしているところを狙われてロブを打たれてしまうと失点してしまいがち。
しっかりと相手の行動を読んで前に出よう。
相手が前に出てくるか出てこないかでこの後行動が変わってくる。
相手が前に出てきた場合はロブを打ってボレーさせないようにしよう。
または、こちらもボレーで対応し、角度のつくフラットボレーで揺さぶるのも1つの戦術。
後ろに待機している場合はこちらから前に出て相手にプレッシャーをかけさせてやろう。
またはあえて前に出ると見せかけて前に出ようとしているところで自分が後ろにさがり、ロブを打たせるのも有効。
自分にエナジーゲージがなかったら無理に取りに行こうとせずに次につなぐために見逃そう。
無理に取りに行ってしまうと相手にエナジーゲージを与えてしまうので注意。

 

[先にサーブを取られた場合] リターンはフラットかスライスが安定。状況に応じて弱打と強打を打ち分ける。
前に出てもOKだが、飛びつくと失点しやすいため、最初はストロークで様子見するのが安定。
エナジーゲージが少ない状況で前に出てもリスクが高いため、前に出るのはおすすめしない。
立ち位置はサービスラインベースラインの間辺りがベスト。

基本戦術

・揺さぶり作戦

前に出てフラットボレーで揺さぶる作戦。
ボレーが強いルイージの得意技。
角度をつけやすいので相手のいないところに上手く打とう。
揺さぶりの際には強打フラットボレーだけでなく、弱打ボレーも有効。
球速は遅いものの、相手のチャージキャンセルを遅らせて相手を動けなくさせられることがあるので狙ってみよう。
この戦法はお手軽かつ、簡単にできる技なのでおすすめ。
注意点は無理にチャージショットをしないこと。

 

・スペシャルショット連打戦法

エナジーゲージが満タンになったらスペシャルショットを即うちするといったゴリ押し戦法。
この戦法は相手にプレッシャーをかけやすく、ゴリ押ししたい人にオススメ。
しかし、スペシャルショットは回転型なので運任せ要素もある。
ラケットを破壊するのに使うのか、点数を奪うのに使うのか、使い方は様々である。

この戦法の利点と欠点
・利点
相手にプレッシャーをかけやすい
ラケット破壊も狙える
点数を奪いやすい
・欠点
キャラによっては効果が薄い
運要素があるので安定はしていない
テクニカルブロックで簡単に対策されてしまうことがある

 

・エナジーゲージ

[相手のゲージが赤の場合] 前に出てボレーで攻めるのもOKだが、ロブにも警戒する必要がある。
切り返しが遅いルイージはロブの回収が苦手なので相手がロブを打ってくるタイミングを読み、加速かテクニカルで回収しよう。
自分のゲージが赤の場合で飛びついてしまった場合はそのままボールを見逃そう。(相手にゲージを溜めさせないため)
またアングルショットも刺さりやすい。

[相手のゲージが黄色の場合] 我慢対決。ボレー合戦で勝負を仕掛け、ボレー途中にロブを仕掛けよう。
相手が前に出てこない場合はフラットボレーで揺さぶり。
スペシャルショットはこの時点では打たない方が安定。(相手をマックスチャージで押し出した場合は打ってもOK)
スマッシュポイントを目指してチャンスを待つのも一つの戦法。
アングルショットも有効。

[相手のゲージが自分と同じ場合] どちらかがゲージ切れになるとゲージが切れた方の不利になる(これはどのキャラも同じ)
お互いゲージが満タンになっている場合はスペシャルショットをどっちが先に出すかで大きく戦況が変わってくる。
前にがん攻めしてロブを打たせてから高いところからスペシャルショットを狙うのもOK、
相手のゲージをフラットやロブで減らすのもOK。
アングルショットはゲージがない時にやるとアングルショットが返ってくるのでオススメしない。

 

・フラットが早いキャラの対策

ボスパックンやワンワンはフラットが早いキャラ。
そしてルイージはフラットが早いキャラが少し苦手。
後ろにいると相手のパワーに押し負けてしまう。
ここはしっかりと前に出てボレーで対応しよう。
フラットボレーの方が有効。

 

・テクニカルショット

ルイージのテクニカルショットは範囲が広いため、より遠いボールにも追いつくことができる。
横方向は特に長く、スペシャルショットに対しても有効。
スペシャルショットに対して打つ場合、テクニカルブロックを行う必要がある。
ルイージのテクニカルブロックはタイミングを合わせやすいので練習すれば成功しやすくなる。
前方向のテクニカルショットは角度をつけやすく優秀。
スマッシュの対して行えばエナジーゲージの消費量が少なくてすむ。
注意点として、テクニカルショットだけに頼らないこと。

 

飛びついてもあきらめるな!!

とびついてもあきらめてはいけない。
ゲージに余裕があるなら加速で取りに行ける。
ボレー合戦で飛びついてもX強打でチャージしなくても早いショットを打てる。

X強打法の詳しい説明はこちらhttps://aimfortheace0622.com/wiki/technique/x-powerfulshot/

ポジショニング
自分ゲージ 赤 ストロークベースライン
自分ゲージ 黄色 サービスライン
自分ゲージ 緑 サービスラインより少し前
自分ゲージ 青 前に出てゴリ押し ロブ打たれたらスペシャルショット

相手が後ろにいたら

ナイトコート 通常通りボレーで攻める
グラスコート フラットボレーで揺さぶり
クレイコート ドロップショットで得点を狙う
ハードコート 通常通りボレーで攻める

注意点
・飛びつき硬直が長いので無理をせず加速も使っていこう
・トップスピンボレーは弱いのでオススメしない。

スペシャルショットを打つタイミング

ルイージのスペシャルショットは回転系。
最初の項目にも書いてある通り、運任せである。
相手のゲージが満タンの場合は打たない方が良い。
相手のゲージが4分の3以下の時は相手のゲージではなく、相手の体制を確認して打つこと。
相手のゲージが黄色の場合は相手にプレッシャーを与えるようにスペシャルショットを連発。
相手のゲージが赤の場合は相手の返球スピードを見て判断。
スライスなどの遅い球が来たら打つ。
スマッシュなどの早い球が来たら加速で様子見。
打つ際に相手のゲージ切れを狙えそうな場合はコートの奥に打ち、後ろテクニカルを使わせてチャンスボールを上げる。
執筆者:xeno(@xeno6680
ダブルス

ボレーが優秀なため、基本的には前衛にいきボレーを狙うことになる。

球速の速いスライスボレーとアングルの付きやすいフラットボレーを使い分けて相手を崩していくのが理想。

 

ボレーを狙う際は、ネットに張り付かずに無理をしないことが大事。

ルイージのとびつき硬直は短くはないので、ネット際で飛びつくと不利になりやすい。

 

前に出てボレーを打った後は、基本的にはネットから下がって飛びつきを防止しよう。ただし、そのボレーで相手が崩れた場合はそのままネットに張り付いてボレーを決めてよい。

 

同じ理由で、強打ボレーのみではなく、弱打ボレーを混ぜると取られた時のリスクが少なくなる(特に前衛 VS 前衛の構図で)ため随所で混ぜると効果的。

また、打とうと思ったけど途中で届かないと判断出来たら、チャージキャンセルボタンでショットもしくは飛びつきをキャンセルして後衛に任せよう。

 

ボレーを狙いに行く(前に詰める)タイミングとしては、

  • こちらがマックスチャージショットを打って、いなしを失敗する等で相手の陣形が崩れた時
  • 相手がこちらのボレー等に飛びついて陣形が崩れた時
  • 相手のボレーの軌道を読んでカウンターでボレーを狙う時

などが理想的。

以上のことを意識すれば、ルイージの攻めの強さ発揮して得点力アップに繋がると思われる。

 

慣れない内は、加速を使用してボレーを狙うとよい。

特に、上述した「相手のボレーの軌道を読んでカウンターでボレーを狙う時」などは加速を使用してカウンターを狙いに行くと安全。相手も反応しやすくなるので得点力は下がるが、有利な状況を作りやすくなる。

また、前衛 VS 前衛ボレー合戦になった際は、加速を使用しなければ次のショットが間に合わない場面も出てくるため、ショットの猶予が短い場合は加速を積極的に使っていこう。

執筆者:ALice(@398alice)
シングルス

制作中

ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

リーチが比較的長いため、中々対策が難しい。

対策としては前に出てくるタイミングを読んでロブを打つなど、ボレーを打たせないようにする。

フラットが早いキャラならストロークでもOKだが、それ以外ならこちらもボレーで勝負したりロブを上げればならない。

ルイージは飛びつかせられれば大きなダメージを与えられる。

コントロールが勝負の鍵を握る。

執筆者:xeno(@xeno6680
ダブルス

ボレーが強力なので、出来るだけ前衛のルイージにはボールを触らせないように意識する。

弱フラットでアングルを付けて前に出にくくさせたり、ルイージがネット前にいたらロブをあげてやり過ごすのも効果的。

 

攻めは強力なルイージだが、一度飛びつかせればチャンスになるので、その時は逆にこちらの前衛が詰めて攻めると良い。

執筆者:ALice(@398alice)
シングルス

制作中

ダブルス

制作中

タイトルとURLをコピーしました