ブロック

テクニック

ブロックとは

ねらいうちやスペシャルショットをギリギリまでラケットに引き付けてからショットボタンを押して返球すること。

 

ブロックに成功するとエナジーを30%獲得出来る。

 

ブロックを成功させる方法はいくつか存在する。

 

加速

一番ブロックしやすい方法は、加速を使用することである。

ねらいうちやスペシャルショットは非常に速いので、ほとんどの場合は加速を使用してブロックすることになるだろう。

ただし、加速を使用するとブロックのエナジーを獲得することは出来なくなるので注意。

 

テクニカルショット(テクニカルブロック)

テクニカルショットでも、ブロックすることが出来る。

この場合も、テクニカルショットをしてからラケットに当たる直前でなにかしらのショットボタンを押せばブロック成功になる(球種はテクニカルショットに依存)。

加速とは異なり、エナジーを30%獲得できる。

詳しくはテクニカルブロックを参照

 

スペシャルショット

ねらいうちやスペシャルショットに対してスペシャルショットを打てば、確定でブロックしながら(タイミングよくボタンを押す必要なしに)スペシャルショットを打つことが出来る。

 

聞いただけでは強そうだが実際はそうでもなく、この状況下でスペシャルショットを打つと、球速が速いためか確定でかなりコートの後ろ側からスペシャルショットを打つことになる。

さらに、相手のスペシャルショットの効果も受けるのでほぼ間違いなく一番後ろまで吹き飛ぶことになる。

その間に相手にカウンターされる場合がほとんどなので、実用性は難しい。

また、ブロックによるエナジーも獲得することは出来ない。

 

通常のブロック(素ブロック)

加速もテクニカルショットも使用しないブロックはほとんど行われないため、通称「素(す)ブロック」と別の呼び方でよく呼ばれている。

 

素ブロックの場合は、当然のことながらエナジーを獲得できる。

ただし、テクニカルブロックとは異なり、スペシャルショットの追加効果は消せないため注意。

 

基本的に素ブロックはリスクが高いので、テクニカルブロックや加速を使用してブロックした方が無難である。

 

強打ブロック(パワフルブロック)

特殊なコマンドをすると、強打でブロックをする事が出来る。

 

やり方は、ショットボタン→Xボタンと素早く入力する。

 

タイミングがあるようで、速すぎても遅すぎても強打ブロックが決まらず通常の弱打ブロックになる。

ショットの上書きの応用から成り立つテクニックだと考えられる。

ラケットに当たる直前でXを入力すると、その入力の判定が出ずに、直前のショットが(弱打だった場合)強打になります。

詳しくは強打ブロックを参照

 

ラケット破壊(K.O.)

ブロックに失敗するとラケットにダメージを受ける。

ねらいうちは3回、スペシャルショットは1回でもブロックに失敗するとラケットが破壊される。

 

ラケットが全て壊れると、どんなに点差があっても壊れた方の負けになる(K.O.負け)。

 

試合のルール(プレイ時間の項目)によって、ラケットの本数が異なる。

  • てがるに:1本
  • じっくり:2本
  • とことん:4本

コメント

  1. […] さらに、特殊な入力をすれば強打で返すこともできる(強打ブロックの項目を参照)。 […]