毎週水曜日 19時 東京上野 マリオテニス エース対戦交流会 Aim For The Ace MeetUp

遊びに来てね!

詳細はこちら

パタパタ

キャラクター
特殊ロブと浮遊チャージで試合をコントロールする!
キャラタイプ
テクニック
プレースタイル
ボレーヤー
得意のダブルスポジション
前衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 B
ダッシュ力 A
切り返しやすさ A
チャージ中の移動タイプ 浮遊
パワー C-
ストローク A
ボレー S
トップスピン B
スライス A
フラット A
アングル S
プレース S+
トップスピン A
スライス A
トップスピンのはね具合 普通
体の大きさ
横リーチ C-
上リーチ C-
とびつき硬直 48F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約143km/m
スライス 約135km/m
フラット 約171km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 ブースト
範囲 普通
横テクニカルショット
技名 サマーソルト
範囲 普通

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 スパイラルフォーメーション
吹き飛ばし方

特徴・特殊能力

浮遊

浮遊しているため、チャージ移動速度が通常のキャラクターより速い。

特殊ロブ

パタパタのロブは、他のキャラクターのロブと違い、ノーチャージショットでもスピンロブを打てる。
チャージショットならマックスチャージ(スピン)ロブと同じ軌道のロブを打つ。

 

これにより、シンプルで唯一マックスチャージロブ(と同じ軌道のショット)を打てる。

 

また、マックスチャージショットで打てば、マックスチャージロブよりも速く、曲がるロブが打てる。

チャージ量 ロブの軌道
ノーチャージショット スピンロブ
チャージショット マックススピンロブ
マックスチャージショット スーパーマックススピンロブ

衣装

なし

修正まとめ

Ver.2.1.0

  • スライスで打ち返す威力を、少しダウンしました。
  • トップスピンのはね具合を、少しダウンしました。
  • 移動の走り出しを、遅くしました。

Ver.2.2.0

  • 移動の走り出しを、速くしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
・浮遊キャラなのでチャージ移動が早い
・置きチャージが非常に強力
・ストロークでもボレーでも早い球を打てる
・フラットがストローク、ボレー共に角度がつく
・コントロール能力がとても高い
・ロブが特殊で強力
・スペシャルショットが吹き飛ばし型で安定している
・移動速度が早い
・得意コート「クレイ」「ハード」
・パワーがボトムクラスでサーブがとても遅い
・体が小さく、リーチが全キャラ中、最も短い
・切り返しが遅い上、ブレーキがかかりにくい
・テクニカルブロックがわかりずらい
・ゲージがなくなるとなにもさせてもらえなくなる
・マックスチャージ耐性が低く、吹き飛んでしまう
・横方向のテクニカルショットの範囲が狭い
・ボレー合戦でよく飛びつく
・苦手コート「グラス」「ナイトコート」
執筆者:xeno(@xeno6680
ダブルス

制作中

シングルス

パタパタは浮遊キャラであり、パワーが弱い方だがチャージ中の移動速度が速く、チャージ可能時間が長いので意外と強い返球ができる。

スピードもトップクラスであるため素早く移動ししっかりとチャージをしていきたい。

しかし、リーチは最低クラスであり、浮遊キャラ独特の操作の難しさがあるためネットプレイはリスクが大きい。その為ベースライン付近で打ち合う方が安定する

執筆者:さんちゃん(@3ch_hobbies
ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

まず初めに

パタパタはテクニックタイプのキャラクター。
テクニックタイプはコントロールが良く、コートの隅ギリギリを狙うことができ、相手を飛びつかせるショットを打ちやすい。
扱いのが難しいが、使いこなせば強力なキャラクターとなる。
浮遊系のキャラなので超上級者向けのキャラ。

パタパタの基本的な戦い方

アンダーラインマーカーの説明

赤色アンダーラインマーカーは実行すると有利になる

青色アンダーラインマーカーは注意すべきこと

黄色アンダーラインマーカーは覚えておくと得すること

 

パタパタはストロークでもボレーでも攻めることができる万能キャラ。
状況に応じて使い分けることができる。
テクニックタイプの浮遊キャラの1人。
チャージ移動が早いキャラである。
しかし、大きな欠点としてパワーがないことと、横のリーチがほとんどないということ。
早いショットを打たれると反応はできても飛びついてしまうことがありがち。
また、ストロークではチャージショットを打てないと相手に緩い球を与えてしまうのでしっかりとチャージしたことを確認して打とう。
基本はスライス(B)かフラット(Y)でラリーを続けよう。
トップスピン(A)は相手の返球が緩い時にチャージして打つと早い球が打てる。
逆にチャージしなかった時の球はとても遅く、相手のチャンスボールになってしまう。気を付けよう。
パタパタはロブ(↑+X or A→B)が特殊。
通常、ロブは3段階に分けられている。
チャージせずにロブを打つとスピンがかからずコート奥の方までボールが中々いかないが、パタパタはチャージしなくてもスピンをかけるロブを打つことができる。
これにより、チャージをする時間がなくてもスピンロブを打つことができる。
また、チャージロブならマックスチャージロブと同じ軌道で打つことができる。マックスチャージロブと同じということで相手にスマッシュポイントを与えないのも強みである。
ただし、通常のマックスチャージロブとの違いは硬直がつかないこと。調子に乗って打ちまくってると相手に対策されてマックスチャージショットが返ってきてしまう。気を付けよう。
マックスチャージロブは通常のマックスチャージロブと同じ。
前に出てこようとしてくる相手にはロブでボレーをさせないようにしよう。
相手をマックスチャージショットで吹き飛ばした後は手前に落ちるドロップショット(↓+X or B→A)で得点を狙う。マックスチャージドロップは他のキャラよりも角度がつく。
相手が前にいるところであえてロブではなく、角度が最もつくマックスドロップで飛びつきを狙うのもあり。
浮遊系キャラは「打ったら戻る、真ん中」というのはあまり意識しなくてもいいのだが、やはり基本は意識すべき。頭に入れておこう。
そしてパタパタはストロークよりもボレーの方が優秀。
特にスライスとフラットが非常に強力。2回押しの強打ならスピードアップ。
トップスピンは遅いのでオススメしない。
また、相手がロブを横方向のテクニカルショットで拾った時にチャージロブで相手を前に出させないのも1つの戦術。
エナジーゲージを使った戦い方は後の方に書かれている記事を参考にしてください。

細かな戦い方

ここではいくつかのパターンに分けて戦い方を詳しく解説していきます。

アンダーラインマーカーの説明

赤色アンダーラインマーカーは実行すると有利になる

青色アンダーラインマーカーは注意すべきこと

黄色アンダーラインマーカーは覚えておくと得すること

 

序盤の戦い方(1ゲーム目)

・先行サーブを取った場合

先行サーブを取ったらまずはNICEサーブを出すことを最優先に考えよう。
サーブを打った後は相手の行動をよく見て行動。
相手が前に出てきたか、出てきてないかしっかり確認。
前に出てきた時はロブを中心に攻めていく。
チャージロブならロブのスピードが上がるのでチャージロブを狙おう。
もしくはアングルショットかマックスチャージドロップで飛びつきを狙うのもあり。
リスクは高いが、飛びつかせれば大きい。
NICEサーブを出せないとゲージが回復しないので状況が悪化してしまう。
この悪化した状況から立て直す為にも相手の球を見逃すのもあり。
エナジーゲージがないパタパタはできることがかなり制限される。注意しよう。
テクニカルショット中にエナジーゲージが0になってしまうとチャンスボールになってしまう。
もしチャンスボールになってしまったら見逃そう。取りに行ってしまうと相手のエナジーゲージを回復させてしまうことがあるので注意。

・先行サーブを取られた場合

リターンの際に打つ球種は相手のサーブのスピードを見て決める。
183km/h以上ならフラットかスライス、182km/h以下ならチャージロブを打とう。
チャージロブを打つ理由は、相手を前に出させないからである。
リターン後は後ろでストロークをする。
相手の行動を上手く読めるかがこの後の展開を変える。
上手く読めば大きいが、読みを外してしまうと一気に不利になる。注意しよう。
コートのサービスラインとベースラインの真ん中でラリーを続けよう。
ゲージで不利な場合にボールを見逃すのは変わらない。

攻め方&戦法

・ゲージ減らし戦法

相手のゲージをじわりじわりと減らしていく戦法。
パタパタが得意としているコントロール力とロブ、ボレーで相手のゲージを減らしていく。
ストロークではアングルショットやロブ、ボレーではスライスとフラットを上手く使っていこう。
コート別に減らし方が異なる。
球足が早いコートではフラットボレーやロブ、球足が遅いコートではドロップショットで相手のゲージを減らしていく。
ここで注意すべき点が、飛びつきをしないようにすること。1回でも飛びつくとペースを握られてしまうので気を付けよう。

この戦法の利点と欠点
・利点
相手のゲージを減らしやすくなる
・欠点
リスクが高い
・スペシャルショット連打戦法
パタパタのチャージ移動を活かした戦法。
この戦法はいち早くエナジーゲージをため、たまったら即座にスペシャルショットを打つというもの。
テクニカルショットやチャージショットでエナジーゲージをため、スペシャルショットを打てるようになったらすぐに打つ。
スペシャルショットを連発することによって相手にプレッシャーを与えることができる。
スペシャルショットを打つ時にコートに注目。
球足の早さで打つ場所を決めること。
球足が遅いコートではロブが来た時に打つと効果的。ここで真下に打つとボールが球足の影響を受けて一気にスピードダウン。相手はブロックのタイミングを合わせるのが難しくなり、ラケット破壊をしやすくなる。逆に球足が早いコートでは逆効果になってしまうので注意。
球足が早いコートでは緩い球が来た時に打つと効果的。ここはクロス側ギリギリを狙って相手を横に吹き飛ばそう。球足が遅いコートでは追いつきやすくなってしまうので気を付けよう。
なお、スペシャルショットは足が早いキャラには弱いので注意が必要である。
また、この戦法はエナジーゲージを溜められないとできない。
この戦法の利点と欠点
・利点
相手にプレッシャーを与えやすくなる
相手を吹き飛ばせる
得点を取りやすくなる
・欠点
リスクが高い
エナジーゲージを溜めれないとできない
テクニカルブロックをされると簡単に対策されてしまうことがある
・ボレー戦法
パタパタのコントロールとボレーの早さを活かした戦法。
スライスとフラットが強力でこの2つをどう使うかがポイントとなる。
スライスは早い、フラットは角度がつくという点がポイント。
相手の立ち位置をよく見て判断しよう。
球足が早いコートなら相手のゲージを減らしやすくなる。
また、自分のエナジーゲージが満タンの場合、一気に前に出てボレーを仕掛け、ロブを打たれたらスペシャルショットを打つという戦法もある。
この戦法は多くのプレイヤーが使っているので是非お試しを。
また、ボールが1バウンドしたらアングルショットか強打のストレートトップスピンを打つのも有効。
注意点はやはり飛びつきを無くすことである。ボールをよく見て行動しよう。
この戦法の利点と欠点
・利点
ボレーが早いので得点を決めやすい
相手を飛びつかせやすい
有利になりやすい
・欠点
飛びつくとゲージが大幅に減少する
ハイリスクハイリターン
ゲージがないと失点しやすい
・置きチャージ戦法
パタパタのチャージ移動を上手く利用する戦法。
現在、多くのプレイヤーがこの戦法は使用している。
知っているのと知っていないのでは大きく変わってくる。
置きチャージとはコート後ろで待機し、相手がボールを打った瞬間にこちらはチャージ開始。
そのまま自分のところにボールが来たらチャージショット、それ以外のところに来たらテクニカルショットで拾う戦法である。
この戦法はエナジーゲージがある時にやるのがおすすめ。
コート真ん中にボールがくるミドルショットには気を付けよう。
パタパタはチャージ移動が早く、この戦法が非常に強力。
この戦法の利点と欠点
・利点
チャージショットを連発できる
エナジーゲージの有利を取りやすい
ペースを握りやすい
チャージ移動が早いのでさらに強くなる
・欠点
エナジーゲージが少ないとチャンスボールが上がってしまうことがある
自分のところにボールが来ないとエナジーゲージがじわじわと減られてしまう
ミドルショットに引っかかりやすい
・テクニカルショット
パタパタのテクニカルショットの範囲は普通。
中でも横方向のテクニカルショットは狭いので注意。
早い球に対して横方向のテクニカルショットで返すと球のスピードが落ちてしまう。
このようにならないためにも加速をしっかり使っていこう。
前方向のテクニカルショットは範囲が広く、さらに角度もつけやすいため、優秀。
しかしやみくもに打つと対策されてしまうので気を付けよう。
スマッシュに対して行えばエナジーゲージの消費量が少なくて済む。
最初の方でも書いたようにテクニカルブロックが難しい。
しっかりと練習しよう。
スペシャルショットに対してテクニカルブロックを狙う場合、ギリギリまで近づいてテクニカルブロックを発動させること。
・ポジショニング
エナジーゲージ赤  ベースラインとサービスラインの間
エナジーゲージ黄色 ここから少しずつ前に出ていく
エナジーゲージ緑  サービスラインの上
エナジーゲージ青  一番前に出てボレーで攻める。ロブが来たらスペシャルショット

まとめ

1.サーブはNICEを出すこと
2.置きチャージかボレーで得点を狙う
3.アングルショットで飛びつかせる
4.スペシャルショットはロブが来たら打つ
5.テクニカルショットは範囲をしっかり意識する
6.リーチが短いのでしっかりとボールの正面に行く
7.ロブが強いので多用していく

執筆者:xeno(@xeno6680
ダブルス

制作中

シングルス

基本的にはチャージを沢山した強打フラットのストロークで優位な状況を作っていく。

適宜ボレーを織り交ぜると角度のついたボールを打つことができるため効果的に相手を崩すことができる。

また、ラリーの途中でパワー負けしている状況になった場合は特殊仕様のチャージロブにより不利な局面をリセットすることもできる。

執筆者:さんちゃん(@3ch_hobbies
ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

パタパタは浮遊系キャラということでチャージショットを頻繫に狙ってくる。
また、ボレーも強いため、注意しなければならない。
弱点はパワーとリーチ。
この2つをしっかりと意識すれば対策しやすくなる。
リーチは全キャラ中、最も短いのでアングルショットで飛びつかせやすい。
しかし読まれては意味がないので逆をついてストレートを打つのも有効。

・ロブを多用してくる相手に対しては

相手がロブを多用してくる場合、こちらはベースライン上で待機し、ロブが来るのを待つ。
ロブは切り返しが遅いキャラにとって厄介なショットになるので気を付けよう。
しかし、やみくもにボタンを連打しても必ずボールを拾えるわけではないので加速でしっかりとボールの落下地点を確認すること。
また、反対に逆をつかれてしまうこともある。
ロブが来るのを待ちかまえていたのがばれてドロップショットを打たれてしまうことも。
特に球足の遅いクレイコートでは注意すること。
また、難易度は高いが、相手のロブに対して横方向のテクニカルショットでゲージ回収もしながら打ち返すという方法も存在する。
しかし、それなりに反射神経が良くないと成功が難しいので何度もやって練習しよう。

執筆者:xeno(@xeno6680
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

キャラクター
スポンサーリンク
Aim For The Ace
タイトルとURLをコピーしました