クッパJr.

キャラクター
リーチの長さと浮遊チャージが持ち味!
キャラタイプ
ディフェンス
プレースタイル
ストローカー
得意のダブルスポジション
後衛
エンブレム

ステータス

表の見方
基本サーブエナジーショットその他

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

評価方法

良い S+>S>A>B>C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

走力

最高速度

そのキャラクターの最高の移動速度の速さを表しています。

詳しくはこちら:ダッシュとラン

ダッシュ力

そのキャラクターの走り出した時の移動速度の速さを表しています。

詳しくはこちら:ダッシュとラン

切り返しやすさ

真逆の方向に移動出来る速さを表しています。

チャージ中の移動タイプ

浮いているキャラクターは浮遊タイプと呼ばれています。

浮遊タイプはチャージ中の移動速度が速いです。

ショット能力

パワー

ショットの威力の強さを表しています。ショットの速度の速さにも影響します。

詳しくはこちら:スマッシュポイント,球威と吹き飛びやすさ

コントロール

ショットの正確さを表しています。

詳しくはこちら:アングルショット

スピン

ショットの曲がりやすさを表しています。

フラットは曲がりません。

はね具合

山なりなトップスピンのなりやすさを表しています。

詳しくはこちら:トップスピンのはね具合

ストローク

ボールがバウンドしてから打つショットの速さを表しています。

詳しくはこちら:ストロークとボレー

ボレー

ボールがバウンドする前に打つショットの速さを表しています。

詳しくはこちら:ストロークとボレー

ショット速度

ショットの速度の速さを表しています。パワーとはまた別に、キャラクターによって速いショット(得意なショット)が異なります。

リーチ

体の大きさ

体の大きさを大まかに“大・中・小”で表しています。主に体が大きいと、リーチが長いです。その他に、ボディショットやボールの見えやすさ(体が邪魔で見えない)にも影響してきます。

横リーチ

横のリーチの長さを表しています。

縦リーチ

縦のリーチの長さ(身長の高さ)を表しています。

とびつき硬直

自動とびつき

自動でとびついた時の硬直時間をフレーム(F)数で表しています。ボールがラケットに当たった瞬間を1F目として、次に動けるようになるまでのフレーム数を表しています。

詳しくはこちら:体勢をくずす

自動とびつき(大)

高い位置のボールに自動でとびついた時の硬直時間をフレーム(F)数で表しています。ボールがラケットに当たった瞬間を1F目として、次に動けるようになるまでのフレーム数を表しています。

詳しくはこちら:体勢をくずす

とびつきショット(シンプルのみ)

コマンドによるとびつきショット時の硬直時間をフレーム(F)数で表しています。ボールがラケットに当たった瞬間を1F目として、次に動けるようになるまでのフレーム数を表しています。

詳しくはこちら:とびつきショット(シンプルのみ)

ナイスサーブ時の球速

サイスサーブ時の球速をkm/mの単位で表しています。この数値から、そのキャラクターの各ショットによるおおよそのパワーを把握できます。

ナイスサーブのタイミングの動画

ナイスサーブが成功した時のリプレイです。ナイスサーブの練習の参考にしてください。

テクニカルショット

各テクニカルショットの名前を表しています。

詳しくはこちら:テクニカルショット

テクニカルショットの範囲

テクニカルショットで補給できる範囲を“狭い・普通・広い”で表しています。

スペシャルショット

スペシャルショットの名前と型を表しています。

型には以下の2種類が存在します。

吹き飛ばし型:相手を大きく後ろに押し出す
回転型:相手を少し後ろに押し出しながら、一定時間行動不能にする
詳しくはこちら:スペシャルショット

特徴・特殊能力

キャラクターの中には、特徴や特殊能力を持つものがいます。

そのキャラクターに特徴や特殊能力がある場合、この項目で説明しています。

衣装

キャラクターの中には、衣装を持つものがいます。

そのキャラクターに衣装がある場合、この項目でその一覧を表示しています。

修正まとめ

そのキャラクターのそれまでのアップデートの歴史を載せています。

詳しくはこちら:任天堂公式HPのリンクに飛びます

基本サーブエナジーショットその他

走力

最高速度 C
ダッシュ力 C
切り返しやすさ C
チャージ中の移動タイプ 浮遊

ショット能力

パワー A
コントロール C-
スピン A
トップスピンのはね具合 C
ストローク A
ボレー C

ショット速度

トップスピン C
スライス B
フラット A

リーチ

体の大きさ
横リーチ S+
縦リーチ S+

とびつき硬直

自動とびつき -F
自動とびつき(大) -F
とびつきショット(シンプルのみ) -F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約-km/m
スライス 約-km/m
フラット 約-km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

coming soon

テクニカルショット

縦テクニカル
ぼうそうエンジン
横テクニカル
ぜんかいジェット
テクニカルショットの範囲
広い

スペシャルショット

ビックアームストライク
回転型

特徴・特殊能力

浮遊

浮遊しているため、チャージ移動速度が通常のキャラクターより速い。

リーチがS+

クッパJr.のリーチは、全キャラ中最も優れている。

衣装

なし

修正まとめ

Ver.1.1.2

  • チャージ中の移動速度と、打ち返し角度について下方調整しました。

Ver.1.2.0

  • 横方向のテクニカルショットで打ち返せる距離を、少し短くしました。
  • とびつかずに打ち返せる距離を、少し短くしました。
  • とびついて打ち返せる距離を、少し短くしました。
  • 打ち返せるボールの高さを、少し減らしました。
  • サイドライン際をねらう能力をダウンしました。
  • 打ち返しの球速を、遅くしました。
  • 移動の最高速度に達するまでの早さを、わずかにダウンしました。

Ver.2.2.0

  • ボレーの球速を、わずかに速くしました。
  • 移動の最高速度を、わずかに速くしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス

リーチが長くなり守備能力は増したが、攻撃力や機動力が落ちたロゼッタ。

リーチがかなり長い
テクニカルショット範囲がかなり広い
浮遊キャラのためチャージしながらの移動が可能
アングルがそれなりにつく
球威がそれなりにある
スペシャルショットが回転系
ワルイージほどリーチが長いわけではないため、意外と飛びつく
飛びついた後の硬直が長め
機動力・切り返しが非常に悪く、アングルショットやサイドラインぎりぎりのストレートに弱い
ボレー・ストローク共に遅めで、アングルもとても付くわけではないため決め手がない
慣れるまではテクニカルブロックが難しい
前テクニカルやドロップはほとんどアングルが付かない
執筆者:Nky(@NkY_teninu)
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

以下の2つの理由から、ベースライン近辺でストローク戦をするとよい。

  • 浮遊チャージを活かすため
  • 前に行くと飛びつきやすくなるため

リーチはワルイージ以下なので無理して攻めずに、じっくり戦いたい。

 

エナジーゲージの量によって、戦い方を変えていこう。

エナジーゲージ:赤

前提としてボタン連打は厳禁。

しっかりボールに追いついて打ち返す。チャージは余裕があるときに。

 

打ち返す球に困ったら強打スライスが安定。

相手のいない場所に打ち、チャージさせないように。

 

こちらの位置が良く、バウンド後を確実に打てるのであれば強打フラット。

強打フラットでのストロークはJr.の中でも球速が速い。

 

もちろん、相手が前に出たがる場合はロブを打つこと。特にボレーが強い相手。

アングルはそれなりだが他のキャラに比べれば付かず、逆にこちらがアングルに弱いのでエナジーがないときは仕掛けない方がいい。

 

もし相手のアングルなどでこちらの位置が大きく動かされた場合は、球速の遅い弱スライスを打って体勢を立て直す時間を稼ごう。

エナジーゲージ:黄色

マックスチャージを狙いにいってもいい段階。

真ん中よりやや右orやや左に陣取り、早めにチャージ。

もし球がこちらに来ればスティックを下に倒してチャージを欲張り、マックスチャージを狙っていく。

 

マックスチャージの球種はトップスピン……と行きたいところだが正直読まれやすい。

マックスチャージのオススメはフラットで、読まれにくい上に軽量級のキャラであればわりと吹き飛ばせるので安定する。

重量級にはマックスチャージスライスを打ち、硬直時間を増やしていきたい。

前に来ようとする相手ならばロブが、後ろで対処しようとする相手ならドロップが効果絶大。
ただ、ドロップはアングルが全く付かないので対角線上に打ってもあまり強くない。

 

読みが外れたらテクニカルショット・チャージキャンセル・加速のいずれかで対処することになる。
しかし、Jr.のテクニカルショットは範囲こそ広いものの球速やアングルが全く無く、テクニカルショットを打つ=相手にターンを渡すと考えていい。

そのためテクニカルショットの使用は控え、できるだけチャージキャンセルや加速を使用して取りに行ったほうがいい。

特にボレーが強い相手にテクニカルショットで返すのは避けたい。

エナジーゲージ:マックス

なるべく有利状況を作り、スペシャルショットを打ちたい。以下の3点が主な理由。

  • スペシャルショットはJr.の貴重な決め手であり、打てば打つほど相手にプレッシャーをかけられる
  • Jr.はチャージショットやマックスチャージを打ちやすく、エナジーを先行しやすい
  • Jr.はテクニカルブロックの範囲こそ広いものの、基本的には相手スペシャルショットに弱いため『打たれる前に打つ』

 

相手のエナジーが半分以下、相手がベースライン付近である、相手がロブを打ってきた、自分が体勢を崩したときなどがスペシャルショットの打ち時。

ちなみに他のキャラで有効な立ち回りである『前に詰めてボレーを打ちまくり、ロブを打たれたところでスペシャルショット』はJr.自体のネット際でのボレー能力が低すぎるため有効ではない。

 

スペシャルショットを打つ場所としては、

  • 相手が後ろにいるor相手のエナジーを減らせていない→対角線上手前ギリギリ

(加速テクニカルブロックをしない限り絶対に取れない場所である/普通に加速からのブロックで取りに来た場合、相手のエナジーを一番減らせる可能性がある)

  • 相手のエナジーを減らせている→相手キャラに近い場所or相手キャラの真後ろ

(テクニカルブロックさせない)

  • 相手が前に出ているかつ相手のエナジーを減らせている→相手がいない場所の後

(テクニカルブロックさせない)

  • ロブを上げた直後に発動でき、かつクレイコート→真下に叩きつける

(ラケット破壊狙い)

 

もちろん最善手は状況や相手のクセによって変化するのであくまでも目安。

 

また、決定力こそスペシャルショットに劣るもののねらいうちを使うのも一つの手。

相手がコート奥にいるときに対角線上手前ギリギリに打てば、相手に加速に使用を強制させることができる。

相手が奥にいないときも、コートの奥に打つことでノーバウンドでのブロックを誘いやすい。
ノーバウンドでのブロックは球速が遅いため、その球をマックスチャージしてゲージ差を付けつつ攻勢を維持できる。

テクニカルブロック強打ブロックには気をつけること。

相手のスペシャルショットへの対処

Jr.は非常に足が遅いため、スペシャルショットへの耐性は低い。

ゲージが満タンでもこちらの位置次第で対処しきれない場合がかなりある。

大まかな目安として、『自由に動ける』かつ『コートの真ん中付近にいる』かつ『エナジーが3/4以上』の時であれば加速からのブロックで対処できることが多い。

しかし、テクニカルショットの範囲が非常に広いため各種テクニカルブロックで拾いやすい。

テクニカルブロックができるに越したことはないため、練習しておくといいかもしれない。

前テクニカルの返球は弱いため、なるべくなら横テクニカルでブロックしたい。

執筆者:Nky(@NkY_teninu)
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

Jr.はアングルやボレーに弱いので、ひたすらそこをついて攻め続けるのがオススメ。

また、チャージをさせないために球速の速い球で押していくのも効果的。

 

Jr.はテクニカルショットの範囲こそ広いものの返ってくる球が弱い。

横テクニカルを見た後に前に詰めてひたすらフラットボレーで振り回し続けるだけでもかなり効果的。

 

スペシャルショットを打つ際は、テクニカルショットの範囲に気をつけること。

前テクニカルは範囲こそ広いものの返ってくる球が非常に弱い。

妥協するのであれば前テクニカルでブロックさせるといいかもしれない。

執筆者:Nky(@NkY_teninu)
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

コメント