毎週水曜日 19時 東京上野 マリオテニス エース対戦交流会 Aim For The Ace MeetUp

遊びに来てね!

詳細はこちら

ワンワン

キャラクター
クセは強いが抜群の攻撃力が魅力!
キャラタイプ
パワー
プレースタイル
ストローカー
得意のダブルスポジション
後衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 C-
ダッシュ力 C
切り返しやすさ C-
チャージ中の移動タイプ 普通
パワー S+
ストローク S
ボレー B
トップスピン S
スライス C-
フラット S+
アングル A-
プレース B
トップスピン C-
スライス C-
トップスピンのはね具合 低い
体の大きさ
横リーチ S
上リーチ B
とびつき硬直 61F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約178km/m
スライス 約154km/m
フラット 約205km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 たてかいてん
範囲 狭い
横テクニカルショット
技名 よこかいてん
範囲 広い

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 おおあばれ
吹き飛ばし方

特徴・特殊能力

なし

衣装

1.帽子(黄色・赤・緑)

入手方法:入手方法:2019年3月のオンライントーナメントで目標のポイントを獲得する。

修正まとめ

Ver.1.2.0

  • 横方向のテクニカルショットで打ち返せる距離を、わずかに短くしました。
  • とびついて打ち返せる距離を、大幅に短くしました。

Ver.2.0.1

  • サイドライン際をねらう能力を、アップしました。
  • とびついたあとの硬直時間を、延ばしました。
  • 移動の最高速度に達するまでの早さを、少しダウンしました。

Ver.2.2.0

  • サイドライン際をねらう能力を、少しアップしました。
  • 近いボールへの空振りが減るように、ボールをとらえる位置を調整しました。
  • とびつきショットの、構えてからとびつくまでの時間を短くしました。

Ver.3.0.0

  • サイドライン際をねらう能力を、少しダウンしました。
  • スライスで打ち返す威力を、少しダウンしました。

Ver.3.1.0

  • 移動時に、少しすべりやすくしました。
  • とびついて打ち返せる距離を、少し短くしました。
  • アピール時のボイスを変更しました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
長所
・ゴリラに次いで反動を受けにくい
・全体的にショットにパワーがある
・中の上ぐらいのアングル
・強トップボレーが角度スピードともにトップクラスにいい
短所
・クッパに次いで足が遅い

・切り返し速度が最下位レベル
・体の大きさの割にリーチが意外とない
・SPがトップ型
執筆者:ずる(@zururintyoo)
ダブルス

制作中

シングルス

ワンワンは全体的にショットが速いパワータイプのキャラクター。

パワータイプの中でも特にショットが速いのがワンワンの特徴のひとつ。

 

ショットの性能もいい。

トップスピンは低い弾道で速いため、他のキャラに比べて使いやすい。フラットやスマッシュの球速や球威(吹き飛び具合)もトップクラス。

特にストローク戦で威力を発揮する性能をしている。

さらにボレーの性能も悪くはなく、ボレー戦でもしっかり戦える。他のキャラではあまり使われないトップスピンボレーも、弾道が低いためワンワンであれば使いやすい。

 

また、コントロールも並かそれ以上はあるため、球速も相まってアングルショットも強力。

攻めに必要な武器は揃えているキャラであると言える。

 

一方、防御面は乏しいところ多く見られる。

  • 足が遅め
  • 切り返しが弱い
  • 飛びつき硬直が非常に長い
  • リーチは長いが背が低い

以上のことから、崩れやすく一度崩れると立て直しづらい性能をしている。

 

また、どういう訳かコマンドのとびつきショットがほとんど使い物にならない(距離が遠いとなぜか溜める動作をして、ボールに間に合わなくなる)。

 

総じて、アングルショットに非常に弱くなっている。

特に、テクニックタイプのコントロールの効いたアングルショットやクッパ等の球速が速いアングルショットは大の苦手。

 

色々と癖があるため使いにくいキャラクターであるが、長所と短所がハッキリしているキャラクターのため、使いこなせればしっかりと戦うことができるキャラクターである。

執筆者:bozitoma(@bozitomaSSBM)
ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

立ち位置

足の遅さ、切り返しの遅さからベースラインでプレイするのはほぼ不可能といってもよいです。そのため、基本はサービスライン付近でプレイすることになります。
ただ、星を回収する際ははベースラインまで下がりストロークすることも可能です。

立ち回り

ワンワン特有の決め手として、強トップボレーがあります。相手がコート隅でストレートに打ってきた球をクロス側に強トップボレーで叩き込むと、加速を使わないと反応できず届かなかったり、飛びついてしまったりします。基本この形になるように展開していきます。展開方法としてはそれなりのコントロールを生かしたアングルショット、ドロップ、ロブなどで揺さぶりゲージを削りつつもっていきます。
ゲージのないうちはサービスラインでスライスボレーでラリーを繋ぎゲージ回収します。
執筆者:ずる(@zururintyoo)
ダブルス

制作中

シングルス

ストロークはかなり強力なので、チャージしたトップスピンやフラットのストロークが打てる状況になると有利なラリーになりやすい。

 

しかし、リーチが短い・切り返しが弱いことから、ベースライン上に居すぎるとアングルショットを打たれて飛びついてしまう。
そのため、ワンワンはコントロールがあるキャラに対しては半強制的にサービスラインよりちょっと後ろ辺りでボレー戦をしなければならない。
幸いボレーは弱くわないなので、相手のショットに反応していればラリーはできる。

ボレー戦は基本的にスライスでラリーすると安定する。

スライスは遅いので、相手が返球する前に位置取りをしやすくなるためである。

 

また、相手が詰めてきたら即座にロブを打つことが大事になる。ワンワンは足が遅くてリーチが短いため飛びつきやすく、相手からネット際でボレーを打たれるとリカバリーできなくなるため、その前にロブを打って相手を後ろに追いやる必要がある。

反応されるとスマッシュを打たれるが、ワンワンの飛びつき距離が長いため、ここで失点することは少ない。むしろ、相手のスマッシュに反応してドロップを打つことが出来れば、得点に繋がることもある。

ただし、ワンワン自体がロブに弱いため(足が遅くて追いつきにくい)、スマッシュを待って前に詰めすぎるとカウンターを食らうので注意。

 

ストローク戦では基本的にフラット、チャージできる時はトップスピンがオススメ。

お互いストロークの場合は、フラットの速さでも足の遅さを十分カバーする程の時間が確保できるためである。もし、相手がネットに詰めてきそう、もしくはこちらが詰めようとする場合など、様子見したい時はスライスを打つと状況確認がしやすい。

 

球速が速いので、弱打やドロップショット等を混ぜて緩急を付けたラリーが他のキャラよりもしやすいため、これを上手く利用できると相手をくずしやすくなる。

スマッシュが打てる状況下で、敢えてアングルの効いた弱トップスピンを混ぜると、相手は安定した位置取りがしにくくなる。

また、ワンワンのアングルショットは強力なため、打てる隙を見つけたら狙っていきたい。

執筆者:bozitoma(@bozitomaSSBM)
ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス
移動速度、切り返し速度ともに最低レベルなのでアングルで左右に揺さぶられるのに弱いです。また立ち回り上、前に出ざるをえないのでロブ連打も読まれるまでは有効かと思います。
またワンワン自体もそこまでコントロールがあるわけではないので、ワルイージやクッパなどの防御範囲の大きいキャラに対しての有効打は少なくなります。
執筆者:ずる(@zururintyoo)
ダブルス

制作中

シングルス

ワンワンはアングルショットに非常に弱いので、クロスに隙が出来たらすかさず打っていい。

ワンワンがコートのど真ん中にいる場合にアングルショットを打てば、大体は飛びついてくれる。

特に、グラスコートやナイトコートなどのたまあしがはやいコートやテクニックタイプ等のコントロールがいいキャラだとワンワンに対するアングルショットは顕著に決まりやすい。

 

飛びついた後は、弱いボールがサービスライン付近でバウンドするため、ストレートかクロスの強烈な2択が生まれるので、ワンワン側としては非常に嫌な展開になる。

そこで読み勝ってさらに飛びつかせることが出来れば、あとはオープンスペースに素直に速いショット(クロスのフラットボレー等)を打てば多くの場合得点できる。

ワンワンは飛びつき距離が長いので結構粘られることもあるが、しっかりオープンスペースに打ち続けていれば得点することができるので、焦らない。

ワンワンはストロークが強いので、ガボン等、相当ストロークが得意なキャラでなければストローク戦は避けた方が無難。

ボレー戦になるが、根気よくラリーをしていればリーチの短さからラリーの難しさとしては基本的にワンワンの方が上なので、ストレートとクロスにしっかり揺さぶるようにラリーすれば大概はワンワンが先に飛びつく。

 

足が遅いため、ワンワンが前を出た瞬間にロブが打てると追いつけずに得点できる。

グラスコートやナイトコートだと顕著に決まりやすいので狙っていく。

ただし、反応されるとワンワンのスマッシュは強力で、それ故に弱トップスピンやロブなどの幅広い緩急を付けられるため、ロブに対する択が強い。前に出てくるのを読みではなく、確認してからロブが打てるようになると安定する。

執筆者:bozitoma(@bozitomaSSBM)
ダブルス

制作中

タイトルとURLをコピーしました