ボスパックン

キャラクター
最高クラスのパワーと豪速球フラットサーブが特徴!
キャラタイプ
パワー
プレースタイル
ストローカー
得意のダブルスポジション
後衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 A-
ダッシュ力 B
切り返しやすさ A
チャージ中の移動タイプ 普通

※()は強打フラット・スマッシュ時の評価

パワー S+
ストローク S(S+)
ボレー C(B)
トップスピン B
スライス C-
フラット S+

※()は強打フラット・スマッシュ時の評価

アングル A(S)
プレース B(S)
トップスピン C
スライス C
トップスピンのはね具合 普通
体の大きさ
横リーチ A
上リーチ A
とびつき硬直 57F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約181km/m
スライス 約163km/m
フラット 約231km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 いあつのはばたき
範囲 普通
横テクニカルショット
技名 まきこみビンタ
範囲 広い

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 あらぶるたつまき
回転型

特徴・特殊能力

特殊フラットサーブ

ボスパックンのフラットサーブは普通のサーブと性質が異なる。

フラットサーブのタイミングは3パターンに分けられる。

  • EARLY!

  • LATE

  • NICE

EARLY!(タイミングが速い)かLATE!(タイミングが遅い)が出ると、80 km/mの非常に緩いサーブになってしまう。

NICEが出ると、約231km/mの全キャラ中最速のフラットサーブが打てる。

タイミングが割とシビアなので要練習。

 

トップスピンとスライスのサーブは通常のサーブになっているため、EARLY!LATE!は出ずに、GOODが出る。

強化強打フラット

ボスパックンのフラットは球威が非常に高く、強打のストロークであればノーチャージでも相手を少し後ろに押し出す。

また、強打フラットと2回押しのスマッシュだとコントロールもよくなる。

衣装

なし

修正まとめ

なし

スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
長所
・フラットのナイスサーブが全キャラ中最速(失敗するととても球速が落ちるが反対に角度がつく)
・ストロークが最強クラス(ボレーは中の下程度)
・移動の初速と切り返しが速め
・コントロールが(アングル・プレース共に)良い
・加えて、強打(2回押し)フラットとスマッシュではコントロールがさらに良くなる
・ストロークの強打フラットのボールの位置が高く(相手をとびつかせやすい)、打ち返した相手をノックバックさせる
・とびつける範囲が広い
・テクニカルショットの範囲が広い
短所
・最高速度は遅め
・トップスピンとスライスは弱めで、ショットはほとんど曲がらない
・リーチは上方向と横方向共に長めではあるが、見た目ほど長くはない(クッパやドンキーに劣る)
・とびついた後の硬直が長め
執筆者:さんちゃん
ダブルス

制作中

シングルス
長所
・フラットのナイスサーブが全キャラ中最速(失敗するととても球速が落ちるが反対に角度がつく)
・ストロークが最強クラス(ボレーは中の下程度)
・移動の初速と切り返しが速め
・コントロールが(アングル・プレース共に)良い
・加えて、強打(2回押し)フラットとスマッシュではコントロールがさらに良くなる
・ストロークの強打フラットのボールの位置が高く(相手をとびつかせやすい)、打ち返した相手をノックバックさせる
・とびつける範囲が広い
短所
・最高速度は遅め
・トップスピンとスライスは弱めで、ショットはほとんど曲がらない
・リーチは上方向と横方向共に長めではあるが、見た目ほど長くはない(クッパやドンキーに劣る)
・とびついた後の硬直が長め
執筆者:さんちゃん
ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

サーブはスライスが安定

サーブは基本スライスを打つ方が良い。たまにフラットを混ぜるとエースを取れる事もある。

因みに失敗しても案外エースを取れたり崩せたりもするが自信がない場合はあまりフラットを使わない方が良い。

基本的なラリー

ストローク力が最強クラスであるため、出来る限りストロークで対応していくのが望ましい。

特にフラットは最強クラスであるためこれを軸に戦いたい。

 

ストレートを打つ際には強打フラット、クロスに打つ場合はアングルが付きやすい弱フラットまたは弱トップスピンで相手を崩していきたい。

また、ボレーヤー相手であれば自分も適宜前に出てフラットボレー中心で立ち回るのが良い。

ボレーは弱めだがフラットボレーは角度がつくので意外と相手を崩すことができる。

 

相手が飛びついた時、加速を用いてネット際に詰めてフラットボレーを打つと、相手のテクニカル範囲外に場合があるため狙ってみるのもいい。

マックスゲージ時

エナジーゲージが最大まで溜まったら前に出てフラットボレーなどで相手を揺さぶり、相手のエナジーを減らしていきたい。

 

ボスパックンのスマッシュが強力故、スマッシュポイントが出た場合には空いているスペースに積極的にスマッシュを打つ方が安定する。

また、相手がゼロテク(エナジーが0%時のテクニカルショット)粘りをしてくる時には、他のキャラとは違いスマッシュで返しても不利になる事が少ない。

スマッシュはYボタンを2回押しして打つ

ボスパックンの特殊能力として、2回押しスマッシュは1回押しよりアングルが付くため、基本的には2回押しでスマッシュをするのが良い(相手のテクニカルショットを透かしたい時など、1回押しの方がいい場面もある)。

テクニカルショットに頼るのは危険

テクニカルは範囲が広く使いやすいが、積極的に使うほどの攻撃力はない事に注意。

横テクニカルは、スライスが遅い故にマックスチャージ等でカウンターされやすい。

前テクニカルは最低限のアングルは付くが、ドロップという点でやはりカウンターされやすい。

後ろテクニカルは、フラットは速いものの、キャラクター自身が後ろに移動してから打つた脅威にはならない。

これらのことから、テクニカルに頼りすぎるのは危険である。

 

ロブを横テクニカルで成功させてゲージ回収するのは意外と難しい印象があるため、あまり狙わなくてもいいかもしれない。

ブロックは慎重に

ねらいうちやスペシャルショットを打たれた際には注意。

安定を求め加速ブロックをしようとしてもボスパックンは体が大きくボールがほとんど見えないので特に集中しなければならない。

テクニカルブロックのタイミングは比較的分かりやすいので、自信があれば積極的に使っても良いだろう。

執筆者:さんちゃん
ダブルス

制作中

シングルス

基本的なラリー

相手がストローカーであればひたすらストロークに付き合う。

ストレートは強打フラット、クロスはアングルが付きやすい弱フラットと弱トップスピンが強い。

 

相手がボレーヤーであれば自分も前に出てフラットボレー中心で攻める。

ボスパックンはスピードが遅いのでボレーヤー相手にはベースライン付近で戦うべきではない。

幸い、初速や切り返しは早めであるため、ボレーは案外安定する。

スマッシュはYボタンを2回押しして打つ

ボスパックンの特殊能力として、2回押しスマッシュは1回押しよりアングルが付くため、基本的には2回押しでスマッシュをするのが良い。

スマッシュは積極的に狙おう

スマッシュの決定力は高いので相手にスペースがある場合は積極的に打っていきたい。

特に、スマッシュは2回押しするという事を肝に命じておく。

 

上からスマッシュが打てれば、かなり有利な展開にできる。

※下の動画はスタンダードだが、シンプルでも十分通用する。むしろシンプルの方が強力。

サーブはフラット以外が安定

スタンダードとは異なり、チャージされてエナジーを回復されることがないため、フラットでナイスサーブが出なくてもリスクは低め。とはいえ、やはり主導権は握られやすいため過信は禁物。

 

そのため、サーブは自信があるならフラット、なければそれ以外でたまにフラットを混ぜるくらいが丁度いい。

執筆者:さんちゃん
ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

ストローク戦は避け、ボレーヤーであればボレーで攻める

ボスパックン相手にストローク勝負は部が悪い。

出来る限りチャージをしてドロップ、ロブなど多彩な技で揺さぶりたい。ドロップは特に効果的である。

 

ボレーが強いキャラであればボレーで押していくのがベスト。

テクニカル透かしはほどほどに

ボスパックンに対して、ミドルショット(真ん中に打つ)などでテクニカル透かしは割と効果的であるが積極的に狙うものではない。失敗した場合強力なショットが返ってきてしまう。

ロブがボディショットになることも

ボスパックンに向かってロブを打つと体が大きいので思わぬボディショットが狙える事がある事を覚えておこう。ただし、スマッシュが強力なため不用意なロブは御法度だ。

執筆者:さんちゃん
ダブルス

制作中

シングルス

ストローク戦は避け、ボレー中心に攻める

ストローク勝負は挑まない方が良い。

ボスパックンのストローク力は最強クラス、強打フラットはノックバックのおまけ付きであるからだ。あくまでもストロークは様子見の為と割り切るべきである。

 

ボレーが強いキャラであればひたすらボレーで揺さぶる。

そうでない場合は強打弱打、ロブ、ドロップを使い分け上下左右に揺さぶり続ける事を意識しよう。スピードは速くないため、揺さぶり続けることが出来ればどこかで崩れる。

ボスパックンは体が大きく威圧感があるが、物怖じせず攻め続けよう。

中央にスライスを打って様子見

ラリーの様子見に中央スライスを打つのは割と効果的である。ボスパックン側からすると攻撃の手段を失う。

無理に攻め続けるだけでなく、得点が取られそうと感じた時は一度中央にスライスを打って様子見をしていこう。

ボスパックンに対するロブは諸刃の剣

ボスパックンは上のリーチがそこまでなく、体が大きい故にロブがボディショットになりやすいため、ロブが得点源になりやすい。

 

ただし、不用意にロブを打ってしまうと強力なスマッシュが待っているため逆に得点される場合がある。

 

しっかりとタイミングを見極めて、的確にロブを狙っていこう。

背が低いキャラはボスパックンの強打フラットに要注意

ボスパックンの強打フラットはボールが高く、背が小さいキャラだと飛び付いてしまいがちなので要注意。

執筆者:さんちゃん
ダブルス

制作中

キャラクター
スポンサーリンク
Aim For The Ace
タイトルとURLをコピーしました