ボスパックン

キャラクター

ステータス

主に6段階で評価しています。

圧倒的最高良い普通イマイチ悪い
S++S+SABC

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

キャラタイプ

パワー

スピード

最高速度B
ダッシュ力B
チャージ中の移動タイプ地上

ショット

パワーS+
ストロークはやい
ボレーおそい

コントロール

プレースB(S)
アングルB(S)

※()は強フラット,2回押しスマッシュ時の評価

スピン

トップスピンB
スライスB

リーチ

横リーチA
上リーチA
とびつき硬直57F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン約181km/m
スライス約163km/m
フラット約231km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

エナジーショット

縦テクニカルショット
技名 いあつのはばたき
横テクニカルショット
技名まきこみビンタ
スペシャルショット
技名あらぶるたつまき
回転型

特徴・特殊能力

特殊フラットサーブ

ボスパックンのフラットサーブは通常のサーブと異なり、タイミングによって”EARLY!(タイミングが速い)・LATE(タイミングが遅い)・NICE”の3パターンに分けられる。

EARLY!かLATEが出ると、80km/mの緩いサーブになる。

NICEが出ると、約231km/mの全キャラクター中最速のフラットサーブになる。

  • EARLY!

  • LATE

  • NICE

トップスピンとスライスのサーブは通常のサーブと同じで、EARLY!とLATE!は出ずにGOODが出る。

強化強打フラット

ボスパックンの強フラットストロークであればノーチャージでも相手を少し後ろに押し出す。

また、強フラットと2回押しスマッシュだとコントロールが良くなる。

その他

衣装
なし
過去の修正内容
なし
スポンサーリンク

ボスパックンの概要

長所

  • パワーが強い
  • ストロークが速い
  • フラットが強力
    • ストローク強フラットは相手を押し出す効果がある
    • 強フラット,2回押しスマッシュのコントロールが良い
    • フラットサーブが全キャラクター中最速

短所

  • ボレーが遅い
  • トップスピンがパワータイプの中では遅い
  • フラットサーブでナイスサーブに失敗すると全キャラクター中最遅サーブになる
  • 体が大きすぎてボールが見づらい
    • 頭にボールが当たってボディショットになりやすい

解説

強力なフラットが特徴のパワータイプ。

全体的なステータスも高めで、大きな欠点はない。

特殊なフラットサーブに目が行きがちだが、一番注目すべきはフラット性能だ。強フラットやYボタンを2回押したスマッシュはコントロールがとても良くなる。これにより、ストローク戦は最強クラスと言える。

体があまりにも大きいため扱いにクセはあるが、強力なキャラクターだ。

スポンサーリンク

ボスパックンの戦い方

ラリーの基本

ストロークが最強クラスであるため、できる限りストロークでラリーを狙おう。

ショットはフラットが速いので、基本はフラットを軸にラリーしていきたい。

スライスは遅いので攻めには使えないが、遅さを利用して時間を稼ぐことが可能。立ち位置が悪い時や様子見したい時にスライスは重宝する。

フラットを活かす

ボスパックンの強フラットとYボタン2回押しスマッシュは、速くてコントロールが良いので非常に強力。

特に、スマッシュを打つ際はYボタン2回押しを心がけよう(ちなみに、他のキャラクターでは2回押しスマッシュをしてもスマッシュの性能に変化はない)。

弱フラットでもかなりの速さをしているため、左右に揺さぶる時に有効。

またボスパックンのボレーは遅いものの、強フラットボレーであれば速さとコントロールが増すため攻めに十分使える性能になる。クロスフラットボレーで相手を崩す攻め方も混ぜていこう。

強フラット弱フラット、2回押しスマッシュ、クロスフラットボレーと様々な場面で強力なフラットを活かそう。

フラットサーブについて

特徴のひとつであるフラットサーブだが、リスクが多いためは多様しない方が無難。基本的にサーブは遅めのスライスがオススメ。

フラットサーブでナイスサーブを失敗すると、遅すぎるため簡単にマックスチャージで返されてしまう。

【AFTA17ST】一回戦 bozitoma(ボスパックン) VS ホエー(ゲッソー)【マリオテニス エース】

またフラットサーブのナースサーブに成功しても、速すぎる故にカウンターされる恐れがある。

【AFTA32SMs】一回戦 しゅーや(ノコノコ) VS さんちゃん(ボスパックン)【マリオテニス エース】

ただし、フラットサーブのナイスサーブにも利点はある。

まず、相手を大きく後ろに吹き飛ばす効果があるため、相手のネットに詰める行動を抑制することができる。これは、ボレーヤー相手には特に有効。

またサーブが速すぎるため相手からチャージショットで返されず、緩いショットで返ってきやすいので有利な状況を作り出すことも狙える。

総じて、フラットサーブはナイスサーブに自信がある時や、相手の意表を突く時に使うのが良いだろう。

体が大きい弊害

ねらいうちやスペシャルショットを打たれた際には注意。

安定を求め加速ブロックをしようとしても、ボスパックンは体が大きくボールがほとんど見えないのでかなり取りづらい。加速ブロックする際は集中してブロックしよう。

タイミングだけでブロックできるテクニカルブロック自信があれば、そちらを積極的に使っても良いだろう。

また頭がでかいため、ロブを回収する時にもボディショットになりやすいので気をつけよう。

スポンサーリンク

VS ボスパックン

相手コートのスマッシュポイントを消す

スマッシュを打たれるのが厄介なため、相手コートにスマッシュポイントを出さない立ち回りをしよう。

スマッシュポイントはテクニカルショットで返球したり、こちらが先にスマッシュを打てれば相手コートに出現しない。また相手が赤ゲージの場合でも出現しない。

基本的にスマッシュを打たれ始めたらテクニカルショットでリセットするのが安定するので、覚えておこう。

ボールが見えにくい位置にスペシャルショット

ボスパックンは体が大きすぎるので、スペシャルショットの着弾点がとても見えづらい。

これを利用して、あえてボスパックンの正面や足元などの見えにくい位置にスペシャルショットを打つと相手としてはかなり取りにくくなる。

【AFTAオフ5STs】決勝トーナメント Top4 Xeno(ルイージ/Luigi) VS ちょろすけ(ボスパックン/Petey Piranha)【マリオテニス エース】
スポンサーリンク

ボスパックンの参考動画

【マリオテニスエース】全キャラ10試合チャレンジ#ボスパックン編
キャラクター
スポンサーリンク
Aim For The Ace
タイトルとURLをコピーしました