ディディーコング

キャラクター
ダッシュ力No.1のスピードボレーヤー!
キャラタイプ
スピード
プレースタイル
ボレーヤー
得意のダブルスポジション
前衛
エンブレム

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 S
ダッシュ力 S+
切り返しやすさ S
チャージ中の移動タイプ 普通
パワー B-
ストローク C
ボレー S
トップスピン B-
スライス S
フラット B
アングル B
プレース A-
トップスピン A
スライス A
トップスピンのはね具合 低い
体の大きさ
横リーチ C
上リーチ C
とびつき硬直 48F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約163km/m
スライス 約154km/m
フラット 約184km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 アクロバット
範囲 普通
横テクニカルショット
技名 モンキーロール
範囲 普通

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 ジャングルスイング
回転型

特徴・特殊能力

ダッシュ力が全一

ディディーコングのダッシュ力は、全キャラ中最も優れています。

衣装

なし

修正まとめ

Ver.2.0.0

  • サイドライン際をねらう能力を、ダウンしました。

Ver.2.2.0

  • ショットの威力を、わずかにアップしました。
  • サイドライン際をねらう能力を、わずかにアップしました。
  • 移動の最高速度を、わずかに速くしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
長所
・ダッシュ力が全キャラ中最高評価
・スライスが早い
・飛びつき硬直が短い
・前テクニカルの角度をつけやすい
・加速が強力
・ボレーが強力
短所
・リーチが短く、飛びつきが多い
・トップスピンが遅い
・テクニカルブロックの難易度が高い
・スペシャルショットが回転型で運任せ
執筆者:Xeno
ダブルス
長所
・動きが機敏なため扱いやすい
・ボレーが速く、コントロールもそこそこいいためボレーの性能が高い
・絶妙なリーチを持つ(後衛のSP後の前衛ボレーが可能かつ後衛のショットでボディショットになりにくい)
・とびつき硬直が最短
短所
・最短ではないもののリーチが短いためとびつきやすい
・スピード以外の性能は、ピーチの劣化になりがち(コントロールやスライスの球速等)

 

ディディーコングは、トップクラスのスピードを持つボレーヤー。

故に、前衛を得意とするキャラクターである。

 

ステータスのバランスも良く、スピードの速さから扱いやすさも抜群で、初心者から上級者までオススメできる。

執筆者:ホエー
シングルス
長所
・スピードが速く、特にダッシュ力が優秀
・フラットボレーの角度が優秀
・とびつき硬直が短め
短所
・リーチが短いため、とびつきやすい
・ストロークは得意ではない
・攻撃力があまり高くなく、決め手に欠ける

 

ボレーが得意なスピードタイプ。

ダッシュ(走り出し)の速さは全キャラトップで、相手のショットに反応してからでも広い範囲のボールを拾うことができる。

 

リーチが短いためとびつきやすいが、ダッシュの速さやとびつき硬直の短さから、とびついた後でもリカバリーしやすく、粘り強くラリーを続けることができる。

 

しかし、攻めに関するステータスはいまいちで、決定力に欠けるのが難点。

フラットボレーの角度は優秀なので、フラットボレーを活かして上手く相手を崩していきたい。

 

他のボレーヤーと比較すると粘り強さに長けているので、その粘り強さとフラットボレーを武器に戦っていこう。

執筆者:あじ
ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

ディディーはダッシュ力がNo.1のキャラクター。

相手のボールに反応しやすい。

このダッシュ力を活かしてロブにも追いつくことができる。

また、ボレーも強力でフラットボレーが特に強力。

打点が高ければ高いほどスピードアップする。

しかし、ディディーの弱点はリーチが短さ。

ちょっとでもボールから離れて打とうとするとすぐに飛びついてしまう。

チャージキャンセルやテクニカルショットでしっかりカバーしよう。

前方向のテクニカルショットが強力で使い勝手が良い。

角度をつけやすいのでロブに気をつけながら使おう。

また、スペシャルショットが回転型のため、運要素が入っている。

スペシャルショットは相手のエナジーゲージが黄色になってから打つのがおすすめ。

ストローク戦でもディディーは活躍する。

中でもスライスが早いのでスライスを中心に攻めていこう。

トップスピンはとどめ用か、吹き飛ばす際に使うと効果的。

執筆者:Xeno
ダブルス

赤ゲージ

赤ゲージ~黄色ゲージまでは前衛には出ず、後ろで返球して緑ゲージまで回復を目指す。後ろでのラリーは、中央にショットを打っていれば比較的安全にラリーが出来る。もちろん、相手が思いっきりネット前に出てきた時などはロブ等でオープンスペースを狙う。

ほとんどの状況では、赤ゲージの場合は後ろでとびつかずにマックスチャージを狙っていく。

黄色ゲージ~緑ゲージ

黄色ゲージ以上はネットに張り付きボレーのタイミングを伺う。

ドロップも強いので、オープンスペースが出来たら積極的に狙っていこう。

相手前衛がネットに張り付いてる場合は、立ち位置を確認してボレーで抜けるなら打つ、無理そうならロブに切り替えるといった判断を瞬時に見極めることが重要。

マックスゲージ

前衛のディディーコングでも相手ゲージが無さそうならスペシャルショットを打つ場面があるが、ディディーコングがネットに張り付いてる時は基本的に全て後衛にスペシャルショットを任せる。

加速ボレー

後衛のスペシャルショットをブロックしたボールをボレーで叩くために、予め加速ボタン押しっぱなししておくのも強力。特にディディーコングはスピードが速いので、ロブ以外のショットに対して加速からのボレーを決めやすい。

それ以外でも、相手のエナジーが少なくこちらのエナジーに余裕があれば積極的に加速を使って逆サイドのショットに対しても無理やりボレーを狙いに行っていい。そうすることで、エナジーの有利を広げることができ、最終的には得点に繋がる。

執筆者:ホエー
シングルス

ポジション

基本的に、サービスライン〜ベースラインの間あたりに陣取る。

 

最高速度,ダッシュ力,切り返しの全てが優秀なので、相手のショットを見てから移動すればほぼ間に合うことができる。

ロブの対処

同様の理由でロブにも強いので、ロブで抜かれても諦めずに追いかけよう。

ロブを回収する時は、ロブ択の原理を使ってしっかり読み合いを仕掛けていこう。

 

また、スマッシュポイントではスマッシュ以外にも、チャージしたスライスが結構速く、意表をつけることがあるので、たまに混ぜてみるのも良い。

基本ラリー

ストロークで相手の様子を見つつ、相手のショットコースを読んで奇襲をかけるようにしてネットに近づいてボレーを狙うと良い。

ストロークの球種は、基本フラットが安定する。パワー不足なので、フラットでショット速度を少しでも補おう。

体勢が崩れそうな時や相手にショットコースを読まれそうな時は、フラットよりも少し遅いスライスで様子見しよう。

 

ボレーの球種は、

  • ベースライン~サービスラインはスライスボレー
  • サービスライン~ネットはフラットボレー

が安定する。

ネット付近でフラットボレーを打つことで鋭い角度を活かすことができ、相手をとびつかせやすくなる。

それ以外は、安定してショットが速いスライスボレーでラリーをするのが良い。

 

キノピコやノコノコなどのボレーヤーと戦う場合、基本のポジションから少し前にすることで、相手のボレーに反応しやすくなるので意識してみよう。

執筆者:あじ
ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

ボレーが厄介なのでロブでボレーを打たせないようにすること。

しかしロブに反応されやすいので上手く逆を突くことが大切。

執筆者:Xeno
ダブルス

ネット前のディディーコング

ボレーの性能が高いので、ネット前まで出られたらとにかくロブで拒否する。

また、ディディーコングはスピードが速いので、ディディーコングがいない方にロブ以外のショットを打ったと思っても追いつかれてボレーを叩かれる可能性が高い。

しっかりとロブで我慢して、相手の後衛が崩れたり、相手のエナジーを黄色ゲージ以下まで削れたり、こちらがマックスチャージを溜められるようにしてディディーコングを後ろに下げることを意識する。

後衛ディディーコングのショットはマックスチャージショットのチャンス

ボレーは優秀なディディーコングだが、ストロークは脅威ではない。

同じくボレーヤーのキノピコやピーチよりもコントロールは良くなく、パワーもないのでアングルショットやマックスチャージショットへのプレッシャーが少ない。

 

そのため、ディディーコングのストロークに対してはマックスチャージショットを決めやすい。

ペア二人で置きチャージを狙うくらいの気持ちで迎えうとう。

高いトップスピンで崩す

ディディーコングのリーチは長くはないため、クッパやゲッソー等のはね具合が高いトップスピンで崩せる場合がある。

しっかりチャージしたストロークが打てる際は、狙ってみるのもいい。

執筆者:bozitoma
シングルス

ロブで崩す

ディディーコングのフラットボレーを活かすためにはかなりネット前に出ないといけない。

そのタイミングでロブを打てれば、ディディーコングでも回収は難しくなる。

 

それ以外のタイミングでロブを打ってしまうとスピードが速い故に回収されてしまうが、スマッシュは特別強くないので回収されても冷静にショットを返そう。

とびつかせても油断しない

ディディーコングはとびついた後の硬直が短い上にダッシュが速いため、とびついてもすぐにコートに戻ってくる。

とびつかせても早とちりせずに、ディディーコングの位置を確認した上でショットのコースを選ぼう。

キャラパワーを押し付ける

キノピコやノコノコ等のディディーコングよりもボレーが速いキャラクターや、クッパ等の圧倒的なパワーを持つキャラクターなど、突出した強みがあるキャラクターであれば遠慮なくその強みを押し付けよう。

 

ディディーコングの主な得点する方法はネット付近のフラットボレーくらいなので、フラットボレーをされる前にこちらの強いショットが打てれば自然と得点で有利になっていくはずだ。

執筆者:bozitoma
ダブルス

制作中

タイトルとURLをコピーしました