毎週水曜日 19時 東京上野 マリオテニス エース対戦交流会 Aim For The Ace MeetUp

遊びに来てね!

詳細はこちら

クッパ

キャラクター
最高クラスのトップスピンとパワーが自慢!
キャラタイプ
パワー
プレースタイル
ストローカー
得意のダブルスポジション
後衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 C
ダッシュ力 C-
切り返しやすさ C
チャージ中の移動タイプ 普通
パワー S+
ストローク S+
ボレー C-
トップスピン S+
スライス C-
フラット S
アングル A-
プレース B-
トップスピン C-
スライス C-
トップスピンのはね具合 高い
体の大きさ
横リーチ S
上リーチ S
とびつき硬直 57F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約186km/m
スライス 約165km/m
フラット 約203km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 ダイビングプレス
範囲 広い
横テクニカルショット
技名 スピニングシェル
範囲 広い

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 ファイアブレスバースト
吹き飛ばし方

特徴・特殊能力

トップスピンが全一

クッパのトップスピンの速さは、全キャラ中最も優れています。

衣装

なし

修正まとめ

Ver.1.2.0

  • 横方向のテクニカルショットで打ち返せる距離を、わずかに短くしました。

Ver.2.1.0

  • ショットの威力を、わずかにアップしました。

Ver.2.2.0

  • とびついたあとの硬直時間を、延ばしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
■圧倒的なパワーで相手をネット付近に寄せ付けず、常に後方へ押し出した状態でプレイが出来る。
■マックスチャージショットでの硬直・スピン・ノックバック、それぞれの威力が非常に高い。
■低い弾道の球に対してのチャージトップスピンは速度・威力ともに非常に強力な為、サービスライン付近からのショットでも充分にウィナーとなる。
■スペシャルショットはトップスピン型であるものの、相手を後方へ押し出してから使用する事でスライス型と同等レベルの使い方が出来る。
■テクニカルブロックのタイミングが分かりやすい。
■移動に関する全ての動作が遅い。
■チャージ無しショットが弱い。
■ドロップショットが弱い。
■ボレーが弱い、ショット硬直が長い、ボディショットになりやすいという3つの理由から前に出られない。
■強制的にコート真ん中付近でのポジショニングが求められる為、コントロール精度の高いキャラとの相性が悪い。
■上記の欠点から適切なタイミングでのチャージとショットの打ち分け、安定したポジショニングが求められるので必然的に高難易度となる。
執筆者:まーくんAce(@yo_hohoho1
ダブルス
■圧倒的なパワーで「いなし」に失敗した相手を常に後方へ押し出した状態でプレイが出来る。
■マックスチャージショットでの硬直・スピン・ノックバック、それぞれの威力が非常に高い。
■低い弾道の球に対してのチャージトップスピンは速度・威力ともに非常に強力な為、サービスライン付近からのショットでも充分にウィナーとなる。
■横テクニカルの範囲が広いのでロブ等に対処がしやすい
■テクニカルブロックのタイミングが分かりやすい。
■移動に関する全ての動作が遅い為、ポジショニングが悪いとマックスチャージが打てず強さを生かせない。
■チャージ無しショットが弱い。
■ドロップショットが弱い。
■ボレーが弱い、ショット硬直が長い、体が大きいのでボディショットになりやすいという3つの理由から前に出にくい。
■上記の欠点から強制的にコート真ん中付近でのポジショニングが求められる為、トリッキーなプレイが行いにくい。
■上記の欠点から適切なタイミングでのチャージとショットの打ち分け、安定したポジショニングが求められるので必然的に高難易度となる。
執筆者:kouzi(@xvKOUZIvx
シングルス

言わずもがなパワー最強のトップtierキャラである。

パワーはもちろんのこと体がでかいのでリーチも長く、また飛び付き性能も非常に高いため攻守ともに隙のない印象である。
並大抵のキャラでは相手のボールに対してトップスピンを打つと吹かしてしまうが、クッパはそんなことを気にせずトップスピンを打っていけるキャラである。

執筆者:ジャック・バウアー
ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス
攻撃面

①チャージショット、又はスマッシュ
②弱い返球、又は飛び付きを待つ
③マックスチャージショット
④相手が後方へノックバック、又はスピン
⑤スペシャルショットを鋭角に打つ

セオリーとしては上記の流れとなるので、いかにマックスチャージショットを放てるか、いかにスペシャルショット発動時相手を後方に押し出せているかが鍵となる。

スペシャルショット以外での得点が難しい中で、クッパのチャージトップスピンは数少ない得点源となるので積極的に使っていこう。
弾道の低い球に対して使う事で非常に強力な返球となる事、強打以外にも1度押しでのアングルショットが強力な事も合わせて覚えておきたい。

チャージトップスピンは強力であるものの、相手も警戒しやすく多用し過ぎると加速を使わずにスライスでいなされる場合があるので注意。
トップスピンに頼りすぎず奇をてらってスライスやフラット、又はロブドロップも定期的に混ぜておきたい。
チャージフラットを3回連続で使った後、唐突にチャージトップスピンでいなし失敗を狙うなど、対戦相手の心情を読み取りつつショットの打ち分けを意識しよう。

防御面

チャージショットが強力なキャラであるが故につい早めのチャージをしてしまいがちだが、チャージ中の移動速度が遅い為飛び付きになりやすい点に注意。
チャージ中に届きそうにない球が見えたら欲張らずにチャージキャンセルを駆使しよう。
焦らず安定したラリーを心掛け、こちらのパワーに相手が圧され甘い返球が来るのをじっくりと待つのがポイント。

通常時だけでなく、加速中の動きも遅い為補給範囲にない球と判断できた時点でためらわずテクニカルショットで回収しよう。
また、加速中の動きが遅い=ゲージの消費量が多い事にも繋がるので、相手のスペシャルショットを取りに行く際は取りに行けるゲージ量なのかしっかり把握しておく事が重要だ。
その為に相手のキャラがトップスピン型SPなのか、スライス型SPなのかもしっかりと抑えておこう。

執筆者:まーくんAce(@yo_hohoho1
ダブルス

【ダブルスでのクッパの立ち位置】

後衛

【攻撃面】

低い弾道の球や球速の遅い球に対してのチャージトップスピン、
ロブに対してのスマッシュショットが非常に強力なので、
チャンスがあれば積極的に狙っていき、相手にプレッシャーを与えて行こう。

相手がショットの対処に加速やテクニカルを使いゲージに差が出てきた場合は、
「ねらいうち」や「スペシャルショット」で得点やラケット破壊を狙って行こう。

【Tips】

・球速の速い球に対して、トップスピンで返球すると球速の遅い球になるので、基本はスライスで打ち返そう。
・ロブやドロップはそこまで強くないので下手に打つと相手にチャンスを与えるので注意。
・チャージトップスピンは強力であるものの、相手も警戒しやすく多用し過ぎると加速を使わずにスライスでいなされる場合があるので注意。
・トップスピンに頼りすぎず奇をてらってスライスやフラット、又はマックスチャージロブ・ドロップも定期的に混ぜておきたい。
・チャージフラットを3回連続で使った後、唐突にチャージトップスピンでいなし失敗を狙うなど、対戦相手の心情やポジションを意識しながらショットの打ち分けをしよう。

【防御面】

チャージショットが強力なキャラであるが故につい早めのチャージをしてしまいがちだが、チャージ中の移動速度が遅い為飛び付きになりやすい点に注意。
チャージ中に届きそうにない球が見えたら欲張らずにチャージキャンセルを駆使しよう。
焦らず安定したラリーを心掛け、甘い返球が来るのをじっくり待つのがポイント。

通常時だけでなく、加速中の動きも遅い為補給範囲にない球と判断できた時点でためらわず「横テクニカル」で回収しよう。
また、加速中の動きが遅い=ゲージの消費量が多い事にも繋がるので、
相手の「ねらいうち」や「スペシャルショット」を取りに行く際は取りに行けるゲージ量なのかしっかり把握しておく事が重要だ。

【Tips】

・状況にもよるが、「前テクニカル・後ろテクニカル」は極力使わない様にする事。
・前テクニカルでボールを回収すると「弱いドロップ」を相手に返す事になりその後の展開で不利を背負いやすい。
・後ろテクニカルでボールを回収すると「後方に下がる」事になる為、相手の前衛がドロップやアングルショットで対処してきた場合ゲージを使わないと拾えなくなる。

執筆者:kouzi(@xvKOUZIvx
シングルス

サービスサイドの時はサーブ、レシーブからの3球目でのトップスピンによるストレートのチャージショットもしくはアングルショットの2択が非常に強力。

初心者の方ならばこれだけで潰されてしまうこともある。

レシーブサイドでも基本的には後方に位置しチャージショットとアングルの2択を先攻して迫っていくスタイルがベストである。

執筆者:ジャック・バウアー
ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

左右に揺さぶる

クッパは機動力が低く、横テクニカルショットもスライスが遅いことから脅威にはならない。

そのため、アングルショットやフラットボレーなどで左右に大きく振ることによりとびつかせたり、ゲージを消費させていくのが基本の攻め方となる。

ドロップで揺さぶる

マックスチャージショットやスペシャル等でノックバックさせた後にドロップを打てば、スピードの遅さ故に加速を長時間使用するため、エナジーの大幅消費を狙える。

マックスチャージショッを警戒

クッパのトップスピンは球速・パワー共に非常に強力であるため、常に警戒しておく。

マックスチャージを溜められたら加速を使って確実にいなすのが無難。

その反面、加速を使わずにスライスボレーを決めればカウンターにもなり得る。エナジーや得点が有利なとき、そもそも加速を使う余裕がないときなどに狙ってみるのもひとつの手である。

安易なドロップは禁物

クッパはドロップショットに対して、得意なトップスピンをネット前から打てるチャンスボールとなる場合が多い。

相手が大きく後ろに下がっているときなどの確実にドロップが有効な状況以外では打たない方が吉。

同様の理由で前テクニカルも使いすぎは禁物。

執筆者:ポルック
ダブルス

移動に関する全ての動作が遅いので、
マックスチャージショットを打たさないショットを意識しつつ揺さぶって行こう。

マックスチャージショットの返球を失敗すると、
展開が一気に不利となる為、ゲージに余裕がある場合は必ず加速やテクニカルで対処しよう。

執筆者:kouzi(@xvKOUZIvx
シングルス

対策としてはまずはコート。

クレイコートだとパワータイプ全体に言えることだがグラウンドストローク自体の決定力が極端に低く、ドロップ性能、ボレー性能も弱いため極端に弱体化する。

有効なキャラとしてはボレーが得意なキノピコ、ピーチあたりが挙げられる。

クッパ相手ではストローク合戦では多くのキャラが不利だが、ボレーが強いキャラならば、相手に強打を打たれづらく、クッパが得意ではないスライスボレー合戦に持っていける。

執筆者:ジャック・バウアー
ダブルス

制作中

タイトルとURLをコピーしました