ゲッソー

キャラクター
タイプ:トリッキー

基本情報

評価方法について
マリオのステータスを標準とし、以下の表にあるマークを使用して5段階で評価します。

リーチ等、数値化が難しいため、このような評価方法にしました。

最高(トップクラス)
良い
普通(マリオと同等)
悪い
×最低(ボトムクラス)

運動性能

能力評価
最高速度
リーチ×
パワー
コントロール
チャージ中の移動速度
ダッシュ力
項目解説
最高速度

足の速さを表します。この能力が高いほど、球を取りやすくなります。また、加速と組み合わせると、少ないエナジーで長い距離を移動出来るので、ほとんどの球を取ることができます。

スピードタイプは、この能力が優れています。

リーチ

球が取れる範囲を表します。この能力が高いほど、遠い位置にある球が取れるようになります。そのため飛びつきにくくなるので、崩れにくくなり、安定してラリーをすることが出来ます。

ディフェンスタイプは、この能力が優れています。

パワー

ショットの威力を表します。この能力が高いと、速いショットを打つことが出来ます。同時に、マックストップスピンもしくはマックスフラットショットを打つと、それを返球した相手をノックバックさせる傾向が強くなります。そのため、一度マックスチャージが出来ると、一方的な試合展開にさせやすいです。

パワータイプは、この能力が優れています。

コントロール

ショットの正確性を表します。この能力が高いほど、コートの隅にショットを打つことが出来ます。また、弱打ではサイドに抜けるような鋭いショットを打つことが出来ます(通称:アングルショット)。コートの隅に打つことにより、相手のリーチ外やテクニカルショットの範囲外にショットを打ちやすくなるため、ポイントを得やすいです。

テクニックタイプは、この能力が優れています。

チャージ中の移動速度

チャージ中は移動速度が遅くなりますが、その程度はキャラにより異なります。この能力が高いほど、チャージ中の移動速度が速くなります。それにより、早めにチャージを開始しても球に届きやすくなるため、マックスチャージを成功させやすいです。

浮いているキャラクター(ロゼッタやクッパJr.等)は、この能力が優れている傾向があります。

ダッシュ力

最高移動速度に達するまでの速さを表します。この能力が高いと、すぐに移動出来るので、左右への切り替えしが速くなります。そのため、逆を突かれたときに対応しやすくなります。この能力が低い時の対策として、円を描くように常に動き続ける、などがあります。

ショット

評価方法について

以下の表にあるマークを使用して5段階で評価します。

ショットについては、項目ごとに標準とするキャラクターをマリオかルイージに分けます。

マリオ標準:カーブ・ボレー
ルイージ標準:バウンド・ストローク

公式で、マリオはルイージよりショットが速く、ボレーが弱いとされているため、全てをマリオ標準にすると評価が難しくなるからです。

最高(トップクラス)
良い
普通(マリオと同等)
悪い
×最低(ボトムクラス)
ショットナイスサーブ時の速度カーブバウンドストロークボレー
トップスピン km/m
スライス km/m/
フラット km/m//
項目解説
ナイスサーブ時の速度

ナイスサーブ時の球の速度を表します。この能力が高い(速度が速い)と、相手にチャージショットのような強い返球をさせずらくなるため、展開が有利になりやすいです。

この数値は、そのキャラクターのショット自体のパワーの目安にもなります。

カーブ

ショットの曲がり具合を表します。この能力が高いと、ショットの曲がりが大きくなり、相手に球筋を読まれにくくなります。基本的にスライスショットが曲がりますが、一部のキャラクターではトップスピンも曲がります。ちなみに、フラットショットは曲がりません。

また、サーブを打つ際に外側か内側かの2択を作れるため、レシーバーが後ろに下がってマックスチャージを狙う戦法を防ぐことが出来ます。

トリッキータイプは、この能力が優れています。

バウンド

トップスピンは、キャラクターによってバウンドの高さが異なります。

バウンドが高いと、コートの手前で球をバウンドさせる事が出来ます。トップスピンはバウンド後に速度が上がるため、グラスコート等のたまあしがはやいコートで威力を発揮しやすいです。

バウンドが低いと、ボレーのトップスピンが使いやすくなります(バウンドが高いと山なりになるため)。

スライスショットやフラットショットはキャラクターによって変化はありません。

ストローク

球がワンバウンドしてから打つショットのことです。この能力が高いと、コートの後ろでのラリーに強くなります。

ボレー

球がバウンドする前に打つショットのことです。この能力が高いと、ネット際でのプレーが強くなります。

テクニカルショット・スペシャルショット(スタンダードのみ)

方向技名属性
縦テクニカルスーパージャンプ
横テクニカルサーフィンスライド
スペシャルショットなみのりスプラッシュスライス
項目解説
テクニカルショットの属性

テクニカルショットは、キャラクターによって挙動が異なります。

挙動の種類は、大まかに以下の3つに分けられます。

地:地上に沿うように球を取りに行く
飛:跳ねたり高くジャンプして球を取りに行く
ワープ:球のとこまでワープして球を取りに行く
これによるテクニカルショットの性能に変化はありませんが、挙動によってはボディショットになる場合があります。
例えば、ワンワンのように縦テクニカルが飛の場合、ロブを後ろテクニカルで取ろうとした際に、飛んでしまうことによってロブの球に当たってしまい失点する場合があります。
スペシャルショットの属性

スペシャルショットには属性(スピン)があり、スピンはキャラクターにより異なります。また、それにより付加される効果も変化します。

トップスピン:相手を大きく後ろに押し出す
スライス:相手を大きく後ろに押し出しながら、一定時間行動不能にする

スライスの方が相手にかける負荷が大きいため、スライスの方が強いスペシャルショットとされています。

とびつきショット(シンプルのみ)

評価方法について
マリオのとびつき距離を標準とし、以下の表にあるマークを使用して5段階で評価します。

硬直は、球がラケットに当たった瞬間を1フレーム目として、そこから動けるまでのフレームを表しています。

最高(トップクラス)
良い
普通(マリオと同等)
悪い
×最低(ボトムクラス)
項目評価
距離
硬直47F
項目解説
距離

とびつける距離はキャラにより異なります。とびつける距離が長いと、遠くの球を取ることが出来るため失点しにくくなります。

硬直

とびついた後の動けない時間もキャラにより異なります。硬直が短いほど、とびつきのリスクが少なくなります。

備考

特になし

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
■コートの外側に逃げるトップスピンを打つことができる
■フラットの弾速が早い
■スペシャルショットがスライス属性
■パワーがボトムクラスのため、状況によっては、緩い球を返球することになりがち。
■全キャラ中でも、いなしに失敗した際の、行動不能時間が長く、ノックバックしやすい。
■リーチが全キャラ中最低クラスのため、扱いが非常に難しい
執筆者:Takumatsu(@takusuke_GA2
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

ゲージが貯めるまでの立ち回り

ゲッソーはリーチが短く、パワーもありません。
☆が出現するまでは非常に難しい立ち回りが要求されます。
(☆は自分のゲージが黄色になると出現します)

ゲージが貯まるまでの間、ストロークは弱スライスて返球することをオススメします。

弱スライスは相手の返球が遅くなるため、捕球範囲にたどり着きやすく飛びつきショットで返球するリスクが減ります。

この時、なるべく加速を使わないようゲージを貯めることだけを意識してください。
序盤は最弱キャラですが、ゲージが貯まるとゲッソー本来の持ち味を生かすことができます。

ゲージが貯まった後の立ち回り

自分のゲージが黄色以上になると、自エリアに☆が出現します。

☆の上でフラットを返球すると、今までの緩い球とは違いレーザービームのような鋭い球を返球することができます。

ただ、これだけで点数を取ることは難しく、
この☆フラットをストレート、クロスで打ち分け、相手が飛びつきショットをした時に得点のチャンスとなります。

相手の飛びつきショットを確認後、ゲッソーの持ち味である曲がるトップスピンを使っていきます。

ショートクロスのトップスピン、ストレートの強打トップスピン….などなど多彩な攻撃に相手は翻弄されることでしょう。

もちろん、トップスピンばかりだと読まれてしまうためロブ、ドロップを混ぜても良いかと思います。

また、ゲッソーはゲージが黄色以上であることが点数を取るために必要不可欠なので、SPは打てません。

無駄なゲージ消費を防ぐため、状況によっては相手がSPを使っても見逃しましょう。
具体的には、相手がスペシャルショットを使ったとしても、相手との点差が有利なときは取りに行かずに見逃して得点を与えます。

まとめ

ゲッソーの立ち回りで意識することを簡単にまとめます。

■序盤は弱スライスメインでゲージを貯めていく

■飛びつきショットをしないように意識する

■なるべく☆の上でフラットを返球する

■相手が飛びつきショットをしたら得点のチャンス!

■相手との点差が有利な場合、相手のスペシャルショットは見逃す

執筆者:Takumatsu(@takusuke_GA2
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

制作中

ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

関連記事・動画

その他の関連記事はタグよりご覧ください

コメント