毎週水曜日 19時 東京上野 マリオテニス エース対戦交流会 Aim For The Ace MeetUp

遊びに来てね!

詳細はこちら

カメック

キャラクター
カーブショットの魔術師!
キャラタイプ
トリッキー
プレースタイル
ボレーヤー
得意のダブルスポジション
後衛
エンブレム(トレース)

ステータス

評価方法

※あくまでもプレイヤーによる評価です。公式のデータではないことを予めご了承ください。

良い S+>S>A>A->B>B->C>C- 悪い
  • S+は全キャラクターで最も優れている場合
  • C-は全キャラクターで最も劣っている場合
に付けられます。

未評価の場合は、- と表示されています。

それぞれの項目の意味はこちらを参照→キャラクターのステータスの見方

スピードパワーコントロールスピンリーチサーブエナジーショットその他
最高速度 B-
ダッシュ力 B-
切り返しやすさ B
チャージ中の移動タイプ 浮遊
パワー A
ストローク B-
ボレー A
トップスピン B
スライス B
フラット B
アングル C-
プレース C-
トップスピン S
スライス S
トップスピンのはね具合 普通
体の大きさ
横リーチ C
上リーチ C
とびつき硬直 57F

ナイスサーブ時の球速

トップスピン 約138km/m
スライス 約127km/m
フラット 約156km/m

ナイスサーブのタイミングの動画

テクニカルショット

縦テクニカルショット
技名 マジカルワープ
範囲 普通
横テクニカルショット
技名 ホウキダッシュ
範囲 広い

スペシャルショット

スペシャルショット
技名 きょだいかスマッシュ
回転型

特徴・特殊能力

浮遊

浮遊しているため、チャージ移動速度が通常のキャラクターより速い。

トップスピンとスライスが曲がる

カメックのトップスピンとスライスは、同じくらい曲がる。

※通常はスライスのみが曲がる

スペシャルショットの打点が特殊

カメックのスペシャルショットの打点は、ボールがカメックのフォアハンド側に移動する。

※通常は、キャラクターのフォアハンドがボールに合わせるため、ボールの位置は変わらない

 

そのため、ボールの位置が変化して、他のキャラクターとは違う打点からスペシャルショットが放たれる。

スペシャルショット後の硬直が長い

カメックのスペシャルショット後の硬直は、他のキャラクターと比較して13F長い。

衣装

なし

修正まとめ

Ver.3.0.0

  • 移動時にすべりにくくしました。

Ver.3.1.0

  • ショットの威力を、わずかにアップしました
  • サイドライン際をねらう能力を、少しアップしました。
  • 移動の走り出しを、わずかに速くしました。
  • 移動時にすべりにくくしました。
スポンサーリンク

トッププレイヤーズ解説

キャラ解説

スタンダードシンプル
シングルス
長所
・独特な軌道(トップスピンとスライスの両方がよく曲がる)により、相手のミスを誘発できる。
・SPショットでほかのキャラにはない角度をつけることができ、状況を有利にしやすい(その他タグ参照)。
・横テク二カルショットの範囲が横方向に非常に広く、ゲージが溜まっていれば粘り強いプレイングができる。
・ストローク速度に対してボレー速度が速めであり、プレイにメリハリをつけられる。
・横テクニカルのモーションがわかりやすく、テクブロしやすい。
短所
・リーチが短く防御面が非常にもろい。
・バックハンドはさらにリーチが短くなるとの説アリ(要検証)。
・チャージ移動速度が遅いため、浮遊キャラでありながらマックスチャージに持ち込み辛い。
・コントロールが低く、相手を左右に大きく揺さぶることができない。
・ストローク時の球速は遅め。
・トップスピンボレーが非常に遅い。よほどうまいタイミングでないと相手のチャンスボールになってしまう。

 

変幻自在な立ち回りによって相手を惑わし勝利しよう、というまさにトリッキータイプを体現したキャラクター。

防御面が非常にもろく、コントロールの低さから角度の付いたアングルショットも打てないため、戦い方を他のキャラクターとは大きく変える必要がある職人気質なプレイヤー向けのキャラクターとも言える。

一部の界隈ではネタキャラ扱いされつつあるが、筆者は頑張ろうと思う。一緒に頑張る人募集中。

開拓のし甲斐はある、これだけは保証します。

 

4月頭に実装されたにも関わらず4月中旬に強化が入った、その内容は「移動時に少し滑りにくくした」というもの。

インパクトのある修正によってネタ扱いに拍車がかかったアップデートではあったが、案外軽視できるものでもなく、これにより明らかに操作がしやすくなり防御面が多少楽になっているので、4月初旬にこのキャラを触ってすぐに諦めた人は改めて触ってみてほしい。

執筆者:マキロンいっき
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

主な戦い方

スタンダードシンプル
シングルス

※4/15にアップデートされたver.3.0.0時点の立ち回りである。

はじめに

前提として、カメックは防御面が脆く攻撃力も高くない、無理な攻めをするとカウンターで簡単に抜かれてしまう。

一方で、エナジーを溜め切りさえすれば、ユニークなSPショットで有利状況を作り出すことができるため、基本は攻めずに我慢して戦うスタイルになる。

カメックのショットに慣れるまではとにかく守りに集中しよう。

 

そして、カメックのショットを自在に操れるようになったら、相手の位置に応じて様々な揺さぶりをかけよう。

コントロールが無くとも揺さぶりはかけられる。カメックのトリッキーさにはその可能性がある(と信じよう)。

なお、テレサロゼッタを使ったことのある人は注意、

浮遊にしてはチャージ移動が遅いため、早めにチャージをしてしまうと飛びついてしまう場合が多い。

チャージキャンセルを取り入れて、早めにチャージをしてしまったらしっかりキャンセルしよう。

曲がる方向

下記ツイートを参考に各ショットが曲がる方向を覚えておくと、徐々にどのタイミングでどのショットを打つべきか判断できるようになってくるはずである。

常にフォアかバックかを意識する必要があり、初めは取っ付きにくいかもしれないが、相手がギリギリ届かない位置にキレイに曲がっていくショットを打てた時は最高に気持ちいいのでカメック頑張っていきましょう。

カメックではじめて球を曲げるキャラを使う人向けに曲がる方向おさらい

トップスピン→利き手と逆の方向に曲がる(バックなら逆)
スライス→利き手の方向に曲がる(バックなら逆)
マックスチャージロブ→トップと同じ
ドロップ→スライスと同じ
引用:https://twitter.com/manpukumakiron/status/1113027086610968576

序盤

自分がサーブの場合、カメックは防御面が辛い。よって、相手のレシーブに弱い。

チコのようなレシーブに強烈な選択肢があるキャラには不利なので慎重にいこう。

カメックがサーバー

サーブを打った後、エナジーが無い状態での置きチャージは避けた方が無難である。

サーブを打ったら戻る、真ん中に、相手の球を見てしっかりと返していこう。

(といいつつ筆者は割と頻繁に即チャージをしてしまう。ギャンブル楽しい)

 

また、カメックのようによく曲がるサーブを打てるキャラは、サーブを外に逃げていくように打ちたくなりがちだが、そのコースでは強烈なカウンターを返されやすいので、エナジーが無いときはセンターに向けて曲げた方がカウンターされるリスクが低くなる。

もちろん、その定石を理解しているプレイヤーには不意打ちで外側に打つのもナシではないが…

カメックがレシーバー

レシーブ時のカメックは実はなかなかに強い。

コントロールは無いが球が曲がるため、相手がベースラインにいるサーブ直後が最大の攻撃チャンスである。

弱打のトップスピン、強打のトップスピン、強打のスライスあたりの選択肢を用いて強力な択勝負を仕掛けよう。

 

一例として、自分から見て相手がバックハンド側にいて、自分がフォアハンドでサーブを返す場合。

  • 相手が前に出てくると読んだ場合はストレートに強打トップスピン
  • 相手がベースラインにいると読んだ場合は強打スライスをストレート

に打ち込むと、ちょうど相手を避けていくようなコースにショットを打てる。

相手がストレート方向に来ると読んだらクロスに弱打トップを打とう。

エナジーが無い時

基本的には、サービスラインとベースラインの中間で相手の球を見てから動くのがおすすめだ。

 

防御面が弱い以上、無理に攻めずにエナジーを溜めるべきである。

エナジーが溜まったら

カメックの横テク二カルの横方向の範囲は非常に広いため、相手のショットを読んで予め動いておく立ち回りでも強引にカバーできる。

さらに、球速の遅いカメックでもマックスチャージはそれなりに速く、しかも曲がる。

よって、ロゼッタで推奨されてような置きチャージ戦法はかなりマッチした戦法である。

 

しかし、既存の戦法に特化しても他キャラを超えることはできない(上の戦法はロゼッタなどの方が強力である)ため、カメックの良さを最大限に生かすのであれば、様々な戦法をミックスした変幻自在の立ち回りを推奨したい。

常に相手を避けるようなカーブをかけて嫌がらせをしつつ、相手の不意を打つ動きを中心に組み立てていこう。

主な得点源

このキャラの一番わかりやすい得点源はスペシャルショットである。

 

コントロールの低さ、ボールの遅さからどうしても通常の打ち合いで得点することは難しい。

しかし、スペシャルショットに関してはオンリーワンの性能を持っているため他のキャラにはない角度で決めることができ、吹き飛んだ相手の位置と逆の方向に曲がる球を打てば相手のゲージがあるにも関わらず確定で得点できることもある。

 

特に、フォアハンド側にボールが飛んできた時のスペシャルショットの角度が一番強烈なので、フォアハンド側に上がったロブなどは見逃さないようにスペシャルショットを狙っていこう。

相手がバックハンド側にいる時にフォア側の球をストレートに返せば、相手は後ろでブロックせざるを得なくなりドロップが決まる。

なお、スペシャルショットを打った直後はカメック特有の硬直があるため、必ず加速を使うように気を付けたい。

 

もちろん、スペシャルショット以外にも得点のタイミングは存在する。

例えば、ストローカー相手に強打トップスピンを返すと、その独特な軌道から飛びつきを誘発しやすい。

また、その特殊な軌道を活かした精密ショットは相手のテクニカルを暴発させやすい。

 

他にも、突然ボレーに出るという手もある。

カメックのスライスボレーは角度はつかないものの非常に速い。

予期せぬタイミングで打たれると熟練プレイヤーですら反応できないことがある。

とはいえ、リーチが低く飛びつきやすいカメックで行うボレーはそれなりにリスキーな択なことは忘れてはいけない。

ネット前に貼りつくのではなく、相手の不意を突くように突然ボレーに出て一撃を決めよう。

 

まとめると、スペシャルショット以外で得点を狙う場合は、綺麗に抜き去るスーパーショットを打つのは諦めて、ショットの軌道をいかに曲げてどれだけミスを誘発させるかに集中すると点を取りやすい。
一発芸の華やかなスーパープレイではなく、常に相手の位置をと自分の撃てるショットを把握した上での頭脳戦による勝利を目指そう。

失点の防ぎ方

最高速度は平均より少し上であるが、そのリーチの短さから非常に繊細なプレイングが求められるカメック。

はっきり言って、攻めの強いキャラに対して守り続けるのは至難の業である。

 

エナジーが溜まるまで守りたい場合は、チャージせずにボールをよく見て動くことを心掛けたい。

角度の付いたボールで自分が大きく移動させられた場合は、弱打のスライスやロブで体制を立て直す時間を稼ごう。

カメックが苦手なキャラ

  • リーチの長いキャラ(ワルイージ、クッパ等)
  • ボレーによる攻めが強いキャラ(キノピコ、ピーチ等)
  • 強烈なアングルショットを打てるキャラ(チコ、パタパタ等)

カメックが得意なキャラ

…?

おまけ動画

  • カメックのスライスボレーは速い

 

  • スペシャルショットの強い択

 

  • スペシャルショットで得点するまでの流れ

執筆者:マキロンいっき
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

対策

スタンダードシンプル
シングルス

曲がるショットに惑わされない

いやらしいスピンによってミスを誘発させられないよう慎重に戦いたい。

軌道が読めない状態で安易にテクニカルでごまかそうとすると、曲がった先がテクニカルの有効範囲ではなく空振りしてしまうという事故もしばしば。

慣れるまでは、テクニカルショットを使う際はギリギリまでボールを引き付けてから判断しよう。

素直にラリーを続ける

しっかりラリーをつなげることさえできれば、カメックはその防御力の無さから勝手に崩れていく。

左右の揺さぶりに弱いキャラなのでオープンスペースに遠慮なく球を打ち込んでいこう。

横テクニカルで粘りを見せるカメックもいるかもしれないが、かまわず厳しいコースを攻め続けるといい。

 

カメックは素直な攻めが一番きつい。

スペシャルショット対策にバックハンドを狙う

カメックのエナジーが溜まっている時は、バックハンド側に球を集めるように意識したいところ。

 

フォアハンド側に打つと、スペシャルショットによる理不尽な択勝負を仕掛けられてしまうためである。

執筆者:マキロンいっき
ダブルス

制作中

シングルス

制作中

ダブルス

制作中

タイトルとURLをコピーしました