ねらいうち

テクニック
「マリオテニス エース」製品版のあそびかたの項目より

ねらいうちとは

エナジーゲージが黄色(33%以上)の際に打つことが出来るショット。

 

最低エナジー消費量は25%。

 

スマッシュポイント内でボタンを入力することで発動できる。

ねらいうちが出来る状態で出現するスマッシュポイントは、星マークが回転している。

 

ねらいうちを発動すると、下の画像にあるエイムが表示され、ジャイロ操作またはLスティックで操作できる。

狙いを定めたら、ショットボタンを押すことでねらいうちを打つことができる。

エイムが出現してから、60F程経つと、それ以降ショットを打つまで1~3F毎にエナジーが1%ずつ消費されていく。

「マリオテニス エース」製品版のあそびかたの項目より

 

高くジャンプしてから打つため打点が高い。同時に、ねらいうちを打った後は、降りるまでの間は動くことが出来ないので、素早く返球された場合はカウンターを喰らう場合がある。

 

以前までは、ねらいうちと加速のボタンが一緒だったため、加速をしようと思ったらねらいうちが出てしまう事が多々あったが、Ver.2.0.0以降は設定からねらいうちと加速のボタンを別々に割り当てられるようになった。

ボタンを一緒にしていると、上記で説明したねらいうちの暴発が発生するため、別々に設定しておくことをおススメする。

 

メニュー画面の設定から設定すると、キャラクター選択時に毎回設定し直さなくて済むようになる(キャラクター選択画面の設定はメニューに戻るとリセットされる)。

ねらいうちサーブ

サーブの際も、ねらいうちを打つことが出来る。

 

通常のねらいうちとの違いは、最低エナジー消費量が30%であること。

 

スマッシュポイント内でなくても打つことが出来るため、ねらいうちの回数を稼ぐことができる。

 

エイムはコートの真ん中に出現するため、多少微調整してから打たないとフォルトになりやすい。

「マリオテニス エース」製品版のあそびかたの項目より

ねらいうちの返球

返球する際は、ラケットに当たる直前でタイミングよくショットボタンを押すとブロックできる。

 

ただしブロックに失敗すると、ラケットの耐久度が1減ってしまう。

また、緩いボールの返球になり、相手にマックスチャージショットを打たれやすくなる。

 

バウンドする前にブロックすると緩いボールになりやすく、マックスチャージを打たれる危険性が高くなる。

バウンド後に返球すると、素早い球になりやすく、カウンターになりやすい。

※しかし、単純に距離よって変化する説もあるため、目安程度に

 

また、好きな球種で返球することが出来る。ロブやドロップでの返球も可能で、X入力またはシビアだがAB入力でもよい。

さらに、特殊な入力をすれば強打で返すこともできる(強打ブロックの項目を参照)。

やり方は、ショットボタン→Xボタンと素早く入力する。

コメント

  1. […] それ以外は、ねらいうちの返球と同じ仕様。 […]