X強打法

ショットボタン2回押しで強打が出せない状況

強打を打つ際、ボールがラケットに当たるまでの猶予が極端に短いと素早くショットボタンを2回押しても強打にならない場合があります。

例えば、ネット際のボレーや、頭上を通り越したロブを取りに行って2バウンド直前に追いついて返球する場面などでは、ショットボタン2回押しでは強打が出づらい(出ない)です。

 

そこで使われるのが「X強打法」です。

 

X強打法とは

ショットの上書きの仕様に以下のようなものがあります。

基本的に、ABYからのX上書きは適用されます。(1)

ただし、ひとつ注意点があります。

ラケットに当たる直前でXを入力すると、その入力の判定が出ずに、直前のショットが(弱打だった場合)強打になります。(2)

 

これを利用すると、上記のような猶予が短い場面でも強打を打つことができます。

 

やり方は、

ショットボタン(A or B or Yボタン)→Xボタンと素早く入力

するだけです。

 

Xボタン強打を打つ方法」で「X強打法」と名付けました。

 

主な使用場面

①ボレー

ボレーを打つ場面は、必然的にボールが速く返ってくるため次のショットまでの猶予が短くなる。

そのため、2回押しでは強打が出ない場面が出てくるため、その場面でX強打法を使用すれば強打でボレーすることができる。

 

ダブルスにおいて、前衛がボレーを狙う際は非常に有効である。

 

②ロブの回収

一度頭上を越えたロブを回収する際は、2バウンドする前に走って回収する場面が多い(特にシンプル)。

その場面では、ボールは2バウンドする直前でギリギリで追いつく場合が多く、こちらも2回押しでは強打が出ない。

そこで、X強打法を利用することで2バウンドする直前に追いついても強打で返すことができる。

 

③パッシングしたショットの返球(スタンダードで加速を使用した場面)

パッシングとは、自分の横をボールが通りすぎること。

 

特にスタンダードでは、反応が遅れてパッシングすることがよくある。

その際は加速を使用して回収するわけだが、エナジーの消費を抑えるためにボールに追いついたらすぐに打たなければならない。

その際も猶予が全くないので2回押しでは強打はできないが、X強打法なら強打で返球することができる。

 

ここで強打で返せると、相手はチャージ時間を確保しにくくなるので、不利になりにくくなる場合が多い。

 

④強打ブロック

ブロックに至っては、2回押しではブロックに成功しながら強打を打てない。

そのため、強打でブロックする場合はX強打法を利用しなければならない。

 

詳しくは強打ブロックを参照。

 

 

 

その他にも使える場面はあるため、是非とも覚えておきたいテクニックである。

コメント

  1. […] X強打法 […]