ダブルスの戦い方、立ち回り方について

攻略wiki

シングルスとダブルスではかなり戦い方が異なり、例え上級者でもその区別をするのは難しいです。

なのでこの記事ではダブルスはどうやって戦って行けばいいのかを大雑把な形として説明します。

※この記事ではスタンダード主軸に話して行きますがシンプルにも言えることが沢山あります。

前衛と後衛について

ダブルスの特徴の一つ、前衛と後衛です。

前衛と後衛に分かれる時は主に攻めるときです。

では何故攻めるときなのか?

「ずっと前衛と後衛を維持してればいいじゃん」と思うかもしれません。

しかし維持していると後衛に負担がかかることや相手側がロブしか打たず前衛が攻めれません。

言わば不意打ちを仕掛けるときが一番最適であると言えます。

 

また味方を信用するという観点で最も重要になります。

前衛の攻めを信用する、後衛の守りを信用する。

互いに信用することで良い攻めが出来るようになっていきます。

前衛

基本的にネット付近まで移動し、ボレー、ドロップで攻めます。

主に相手のいないところ相手が硬直しているところを打ち込みます。

相手が硬直しているところに相手側に打つのはあまり考えられないかも知れませんが、
かなり強いです。

スタンダードでは必ず加速を使わないと取れない、シンプルではそのまま点を決められるなど、
リスクは高いですがリターンも高いです。

 

ボレーはスライス、フラットのみを使用してください。

ネット前だとスライスはかなり速い球になり、フラットはかなり角度がつきます。

トップスピンは球速も出ず角度もあまりつかないため絶対に使用しないでください

またロブは取らず、後衛に任せましょう。

前衛対象キャラ
ルイージ、ピーチ、キノピコ、テレサ、ノコノコ、ゲッソー、ディディーコング

後衛

基本的にベースラインに立ち、前衛が取りこぼしたボールやロブを取る役目です。

ボールを返すだけで前衛が攻めてくれるのでボールを的確に返すだけで十分な働きを持ちます。

前衛の反対側か、真ん中に立つのがやり易いでしょう。

前衛が取りこぼしたボールに反応できない人は、
ボールよくを見て反応できるように警戒し続けましょう。

後衛対象キャラ
ワリオ、ロゼッタ、キノピオ、クッパ、クッパJr、ヨッシー、ワンワン

マリオが後衛の目安でルイージが前衛の目安

※対象キャラに入っていないキャラは前衛後衛どちらも出来る万能型になっています。
 決して弱いということはありません。

守り方

基本的にベースライン少し前で左右に分かれてボールを取ります。

この守り方が一番安定し、ダブルスの立ち位置で基本になります。

守るとき気を付けてほしいのがゲージの差がどれだけあるかです。

多少の差だと普通にショットを打つだけでゲージが貯まり易く、相手も攻めずらいです。

しかし多く差があると相手は攻めて決めようとしてきます。

そこで対策するのがロブだけを打つことです。

前衛は前に詰めないと攻めれないのを活かし、ロブを打てば弱い球しか返ってきません。

もちろん相手側が守りの体制に入っていたらロブは弱いですが…

狙い撃ち、スペシャルショット

ダブルスは狙い撃ちもスペシャルショットも決めずらいです。

特に狙い撃ちは弱く実用的に使うのは難しいです。

スペシャルショットは相手のゲージが1/4以下になったらすぐに使いましょう。

返されても多少の有利が出来るのでそこから攻めて点を決めましょう。

まとめ

ここまで長々と書きましたがダブルスにおいて重要なのは

前衛と後衛と守りの理解と意識

です。

 

これらを理解することによってダブルスの戦い方が大分変わっていきます。

自分が味方のサポート、味方が自分のサポートなど協力し合っていい結果が出るようになるので
皆さん是非頑張ってください。

執筆者:ゾンBee(@zonbee_yukkuri
攻略wiki
Aim For The Aceのフォローはこちらから
スポンサーリンク
Aim For The Ace

コメント