Quick Break Cup – 概要


Quick Break Cup とは

マリオテニスエースの大会形式の一つ

ゲームルールとして、「プレイ時間:てがるに、K.O.負け:あり」を採用したスタンダードルールの大会

プレイスタイルスタンダード
プレイ時間てがるに
K.O.負けあり

Quick:プレイ時間「てがるに」の英名
Break:K.O.負け ありなので、ラケット破壊あり

 

プレイ時間「てがるに」の場合、ラケット本数が1本となる(変更不可)。

ゲーム内に実装されているオンライントーナメントでのラケット本数は2本のため、試合は2本先取を推奨する。

大会ルール フォーマット

【大会形式】

シングルエリミネーション または ダブルエリミネーション

【試合ルール】

1セット2本先取(Bo3)
※決勝戦など、最後の方の試合の場合は、3本先取も検討

 

コートルール案

コートルール案1:ランダム(スタジアムのみ)

最も大会進行が楽なルール。

ただし、試合ごとのランダム要素が強くなる上、クレイコートを引いたときに試合時間が長くなる可能性がある。

てがるに大会を開催したい場合に。

※スタジアムのみ:初期状態では、スタジアム以外のコートが解禁されていないため

 

コートルール案2:コート固定

ランダムの次に、大会進行が楽なルール。

2本先取を採用したのは、このコート設定案を採用できるようにするためでもある。

※ちなみに、今のところ、クレイコートを採用する予定はない。BAN
※↑3本先取でも採用するかどうか悩ましい

 

コートルール案3:スターター/カウンターピック

試合ごとに参加者同士が使用したくないコートを拒否(BAN)しあって、使用コートを決めるルール。

各試合に戦略性が出る。

ただし、試合ごとに参加者同士のコミュニケーションが必須であるため、大会進行が難しめ。

スターター/カウンターコートを決めるツールなどがあれば検討の余地あり(smash.ggなど)

タイトルとURLをコピーしました